これからの働き方

2020/06/07

社会のルールが変わった

人生の長期化
人生100年時代50年以上働くのが当たり前になる

世界の変化のスピード
スマホとインターネットで加速している

終身雇用は過去の話
上司の顔を立てれば出世で生きる世界ではない
会社にしがみついていこうとしていない人のほうが生き残れる

キャリアプランを計画するのは無意味
現在は地図が頻繁に塗り変わりコンパスの位置がさだまりません

コロナ自粛によって社内で必要な人いらない人が明確に可視化された
自宅待機をしていた人は、自分がいなくても会社もあると言うことが証明された

日本は気がつかないうちに貧乏になっていく

日本の物価が世界の最安値になっている
国内にいると、グローバルに比較して「貧乏になった」ことに気が付きにくい

日本の会社が儲かっていない日本国内の賃金が上昇しないから
日本の賃金が上がらないのは、海外に比べ生産性が低く、グローバルな労働力として評価されない人が多いから。
国内で低賃金のままでいても、物価水準が低ければ、それなりの暮らしを維持することができます。安全で清潔な日本は、賃金が低くても生活しやすい国なのです。

危険性
このような状態が継続すれば、生産性の低い仕事だけが国内に残り、優秀な人材は海外に流出。
企業価値が上昇しなければ、日本企業は外国企業に買収される。
海外との賃金格差、物価格差が広がれば、いずれ輸入品の値段が上がり、海外旅行に行くことさえできなくなってしまう。
ぬるま湯につかったカエルは、少しずつ温度が上がると茹で上がってしまうまで気が付かないそうです。そんな風に、気がついたときには手遅れになる

今後どうなるのか

1社ではたらきつづけるのは難しくなる
65、70、80まではたらくことにない
会社の平均寿命は23、3年
出世を目指さない

採用市場ではベテランのほうが有利な時代になる
40歳以上の転職は厳しいとされてきましたが、スキルさえあれば会社にしがみつかない働き方ができる時代になります。
新人を育てるより経験もスキルもある40代のほうが即戦力として使える。

専門スキルがなければ生き残れない
この仕事ならあの人に任せようと思われる得意分野がないと今後は生き残れない。
ジョブ型雇用が浸透すると言う事は逆に成果が出なければ簡単に切られるられると言う事。

格差社会
人口が増えない
経済成長鈍化

開発内製化
機能をタイムリーに作っていくためにはエンジニア軍団を社内に作る
企業に一人Webデザイナーが常駐する時代が来る

バランス力が大切
複雑化→シンプル化→極端化
世の中は極端化してくる

どうすればいいか

英語力
日本人がグローバルな労働力として活躍できるためには、まず英語でのコミュニケーション能力が最低限の条件

転職力
仕事が嫌でなくなる
いやになったらやめれる

副業力
出世するのではなく、時間をつくり、その力で副業をする
仕事力、調整力

人脈力
・広く多用な人脈ネットワーク
・社内外の人間関係をつくる
・仕事を依頼できる、される
・信用…実績、肩書き客観的な評価
・信頼…深い人脈

アフターコロナでものを言うのはテレワーカーを束ねる力
今後必要とされているのは専門家軍団をリモート化でもきちっとまとめられる人。職人を取りまとめて進行管理していくプロジェクトマネージャーは必須。
職人を束ねて業務を推進する力を持った人に多くの対価が支払われていく。

健康

AI時代に必要な能力
・コミュニケーション力
・想像力
・直感力
・センス
・人間らしさ

優秀な人かユニークな人は人生が得をする
現代だとクリエイティブな仕事の方が利益率も高く生き残れる時代
自分の中の人と少し違う部分を磨いていく
・人と違う部分
・頭が良い
・技術力
・面白い

稼ぐ力をつけておく

何かを犠牲にしなくてもいい
現代は両立でいいとこ取りできる副業など2つの仕事を両立する

今のうちに稼ぐ力をつけておく
生き残れるのはお金を持っている人でなく
新たな価値を作れる人、スキルを持っている人、お金を作る仕組みを作れる人。
搾取される側から投資家、経営者などお金を回ってくるところにポジションチェンジする。

副業力や短期プロジェクト
副業を通して生きる力を身につける
自分から仕事を作れる
テコが効いている
ネットビジネス
2つの給料袋をもつ

自分の商品価値を提供できるテクニカルスキルセット
お金を稼ぐとは価値を提供できるという事

リモートワーク

リモートワークの課題
コミュニケーションの質
スタッフのマネージメント管理
チームの一体感
機材やネット環境
ストレスが溜まる
社員の健康面

リモートワークのよかったと感じた点
通勤による負担
集中できる時間が増えた
勤務地から離れたところでコスト削減
時間が有効につかえる

心地よい範囲からリスクをとって挑戦す
軽いストレスを感じるようなポジションや行為に挑み続ける
何らかの目標に向かって努力する時に味わうストレスを味わう

AIより優位な領域

マネジメント
会社経営やプロジェクトチームなど人間の意思や判断が求められる経営管理の仕事はこれからも人間が携わる。
目標設定や意思決定を行い責任を取ることや人を育てる事は人間にしかできない仕事です。

クリエイティブ
事業開発プロデューサーや発明家映画監督やデザイナーなどAIは過去の情報や尻を集めて最適解を出すのは得意ですが0から1を生み出すのは苦手クリエイティブやアートの領域では人間が有利です

ホスピタリティー
保育者介護士カウンセラーパーソナルコーチなどハイタッチサービスと呼ばれる分野。
我々が人間同士の触れ合いを求める限りはなくならない職業人と深く関わるおもてなし系の仕事はAIにはできません

クラフトマン
ピッキングや配達等の物流業界ハウスキーパーや職人など身体性の結を生かす精密機器や伝統工芸の職人の高い技術力は機械ではまだ再現できない部分が大きい。
後継者不足に悩む会社も少なくないです

テクノロジー
テクノロジーその村に携わる仕事は最も近いかもしれない高度な技術を有するAIにはもちろん大局的な視点でテクノロジーの微熱家事をプロデュースできる人材は行く

###テレワーク
全てが元と同じ通りに戻ることとは言えない
今後は働き方改革の流れから平時でもテレワークをする人が増えていく。
リモートワーク当たり前の社会になれば働くことに距離が関係なくなってくる
地方や海外など住みたいところに住む生活が実現できる

変革

誰もが平等にスタートできる
現状を冷静に分析しこれからをどう生きるかを自分の頭で考えないと生き残れない時代が始まった
リアルで合うからこそ伝わることがある実際にリアルに会う打ち合わせが価値が増していく
クリエイティブなものを作る


チャンス

多くの会社でリモートワークが導入されたことで
都心に住まなくても住みたい場所で好きなライフスタイルで仕事ができるなった
ゼロからスタートできるチャンスにもなっている



市況

100年前の世界恐慌くらい経済が大不景気になる
大リストラ時代になる
格差社会が広がる

対策

複数の収入の流れを作る
今やっている将来の収入を増やす
勉強してスキルにお金を使う

メリット

###時間を有効に使える
・通勤時間の節約
・取引先への移動

疲労の減少
・満員電車のストレスからも解放される

###仕事の生産性が上がる
・集中力が高くなる

快適な環境
・ガジェットを買って快適に仕事ができる
・好きな音楽をかけれる

通勤電車をしなくていい
通勤電車がしんどい


###デメリット
・オンとオフの切り替えが難しい。
・コミュニケーション、コラボレーションしにくい
・孤独を感じる
・気分転換ができない
・長時間労働による生活リズムの乱れ
・運動不足
・社員の評価、管理がしにくい

課題

・社内ネットワーク
・人事評価

###向いている人
エンジニアやデザイナーといったスキルが明確な職種
リモートが向く人と向かない人はいる
自律性のない労働者は厳しくなる

###気をつけること
必要なときだけ必要なやり取りをするので済む仕事なら外部の人にお願いすればよい、メンバーとはコミュニケーションを通じて新しい仕事を生み出したり人間関係を築いていったりすることが大切。
離れているからこそ、意識してコミュニケーションをより密にすることが大切
オフィスにいるとき以上に意識的なコミュニケーションが必要


現在の仕事だけで食べていくのはリスクがある

今後は在宅ワーク
いつでも稼げるということがキーワードの時代
投資やビジネスなど新しい収入源を増やす
どのようなよのなかになっていくとしても収入をえられるようにしていく
ひきこもり生活がつづいたとしても稼げる準備をしていく
ユンチューバー
ズームのセミナー
自分のビジネスを完全オンライン化できないか

その他

最低一回は外に出る
“余分”なコミュニケーションも大切
掃除をしてパワースポットにする

###セキュリティーの不安
・リモートが進めば、「時間よりも成果」で評価される
・業務実態や、正確な就業時間を把握するのが困難
・通勤で疲弊することもないですから生産性も高まります。
・正社員とは一体何なのかという疑問も出てくる。

価値のない人材がはっきりする

生産性がない人に対しいる意味あんのかと評価がシビアになる。
さらに追求すれば距離に縛られず人件費が安いところに仕事を発注できる
日本語の翻訳技術が済めば日本でも同じ位が待っているといいます

リモートワークのハイブリッド

↑top