下働きから抜け出すためには

2019/08/19

最高値で買ってくれる最初の人物はあなた自身
あなたが自分の価値を認めない限り誰も高値で買おうとは思わない。
安くていい人で終わってしまう。

安売り続けると自信もなくなっていく
安売りは自分の価値を低く見ているという事を自分にすり込んでいる。

貧乏サイクルから抜け出す
お金と時間がないから働けど働けどお金と時間は残らない
お金と時間がなければ新しいことを学び自分の価値を高めるということも難しい

働き方について

対等な関係は難しい
収入が1つしかないので会社の要求を断れない
安く買い叩かれいわゆる社畜になってしまう。
理由は1社だけと雇用契約を結んでいるから。
不当だと思ったら自ら辞める選択肢があることで高値で契約してくれる人を探せばいい。
すると会社はあなたを大切に扱うようになる。
複数の会社があなたにお金を払っている関係の方が個人と企業は対等な関係を築ける

働く時間で契約するのは自分を安く売る働き方
朝から晩まで会社に拘束されているので自分の人生のほとんどが会社。
だが自分が生み出した付加価値は会社の利益。
一生面倒みてくれる保証もない。

社内ベテランになるのが1番危険
社外ベテランは作業的な要素が多い

幹部候補として選ばれた人以外はただの駒になります。
誰でも一定の品質で仕事ができるようにオペレーションが細分化される。

作業型のエンジニア

受け身でやっているので経験値がたまらない。
言われたことしかできない。
結局誰でもいいので安く買い叩かれやすい。
うちきりになりやすい。

創造型エンジニア

プロジェクトを引っ張っていけるエンジニア。
あなたでなくてはいけない。

求められる仕事を素直にやるだけでは単なる使える人で終わってしまう
自分の役割を全うすることは大事だが、それだけでは安売り人材にはなれても安売りから抜け出せない。

価値を高める

自尊心の欲求
自分の存在価値を他人から認めてもらいたいと言う気持ち

市場価値は仕事の値札市場価値はビジネスモデルの収益性(儲かりやすさ)と現在の需要と供給の関係で決まります。
同じ仕事をするなら高い年収をもらえる業界にいた方がよい。

専門分野の掛け算で独自の価値を作る
あなた以外の人でもできるなら相対的に価値が下がってしまう。
あなたがお客さんの立場として同じ商品なら安い方選びたいはず。
うまくいかない不安を抱えながら人と違うことをして価値提供し続けて評価される。

仕事を作る人、仕組みを作る人
自動化をする側
Aiを作る側

技術についていけなくなる経過
エンジニアをやっている人は歳をとるにしたがって技術についていけなくなります。かならずしも自分にあるとも限りません。
例えば、毎日終電まで残業し仕事をしているような状態では、技術のキャッチアップに時間も体力も割けません。

技術のキャッチアップに配慮してくれる組織は少ない
技術のキャッチアップという視点から見ると、組織は平気で個人のキャリアを潰します。
組織に忠誠心が強い人ほど技術的にドロップアウトしやすい。
技術にキャッチアップしたければ、まずは組織に振り回されずにに自分の足元を固め

私に原因があったと自分ばかりを責めないようにして欲しい
反省は大事ですが、外的要因を有耶無耶にしては、これから進むべき方向が見えなくなります。再起を図る上で自己肯定は重要な鍵になります。

ライバルがいない分野に強みをスライドさせる
頂点を目指すのではなくスライドしてオリジナルの価値を見出す。キーは逆張り。ライバルがいない少ないのスライドする。自分の資質や経験の中から相手に喜んでもらえそう 自分の質に合った業界や仕事を選ぶと実はライバルだらけです。相手に対し他の人とは違う自分独自のありがとう引き出す。みんなが不得意なありがとうをひろう。

プロフェッショナルとして意識する事

自分のことを専門家だと思う

深くやるそのためには広い知識が必要
穴を掘る時広く掘らないと深く掘れない

積極的に提案する
あなたにしかできない提案ができる
積極的にいろんな指摘
どれだけ人と違ったことができるかでアピールしなければならない

課題解決力
エンジニアは、プログラミングをするのが仕事ではなく、ITを使っていろいろな角度から考えた上でベストな解決法を導き出すのが仕事。
課題解決のためにいろいろなツールを使わなければならない状況はあります。
手段と目的を履き違えている人は「自分が使った経験があるもの」だけで無理やり解決しようとします。

日々意識する事

いい人って呼ばれないようする
いい人である以上に生きる道がない。
いい人と思った途端ある種の人間はその人の良さを利用しようとする。
いい人だらけと言う会社は実は良い会社ではなて幼稚な会社に過ぎない。

やりたくないことを1つずつ手放す
 嫌なことへのストレス耐性が強くなってつい嫌いの感情が麻痺してしまう。

つべこべ言わず流行にのる
流行に乗らないと社会に置いてきぼりになる
SNSがミクシーだったら引く

働きがいと高い報酬の両方を手にする
給料アップ以外を支えているのが働きがいと言うもの。
せっかく働くならどちらも手にする。

時間にコミットより結果にコミット
自身の手足を動かして作業してお金を受け取る働き方だけを選んでいるとまとまったバケーションとか自由な時間を手に入れることができない。
手足が縛られた状態でいかに提供できるのかを考える。

王道の職種で一人前になった後に、
1番困っている職種にキャリアスライドする。

倒産リストラの兆候

・優秀な人が辞めていった
・経費の圧縮厳命された
・車内で不平不満悪口が横行
・予算を削るなど後ろ向きな議題の会議が増えた
・売り上げアップが合言葉になった
・社員同士の懇談会の廃止
・給料が減った出なくなった
・希望退職者を募った
・害虫の支払いが遅れた
・常に人を募集している
・給料の支払い日が変更になった
・人事評価の方法わかった
・備品の新規購入にうるさくなった
・冷暖房など電気代にうるさくなった
・在庫の安売りを始めた
・小さいオフィスに越した
・ウォーターサーバーがなくなった
・社割がなくなった

↑top