下働きから抜け出すためには

2019/08/19

はじめに

最高値で買ってくれる最初の人物はあなた自身
あなたが自分の価値を認めない限り、誰も高値で買おうとは思わない。

安売り続けると自信もなくなっていく
安売りは自分の価値を低く見ている事を自分にすり込んでいる。

待遇に不満があるのにビビって動いていない

貧乏サイクルから抜け出す
お金と時間がないから働けどお金と時間は残らない。
お金と時間があれば新しいことを学び、自分の価値を高められる。

意外に他人は見ていない

技術のキャッチアップに配慮してくれる組織は少ない
組織は平気で個人のキャリアを潰す。
組織に忠誠心が強い人ほど技術的にドロップアウトしやすい。

エンジニアは当面売り手市場が続く
2021年は31万人の不足、2022年は32万人の不足、そして2030年には約45万人のIT人材が不足するという見通しです。
これからどんどんITエンジニアが必要になってきますが、人材不足を解消する術がない。
今後もエンジニアは売り手市場が続くと予想されており企業は人材確保に悩まされることになる。

働き方

個人と企業は対等な関係は難しい
理由は1社だけと雇用契約を結んでいるから。
収入が1つしかないので会社の要求を断れない。
安く買い叩かれ社畜になってしまう。
不当だと思ったら辞める選択肢があることで、高値で契約してくれる人を探せばいい。すると会社はあなたを大切に扱うようになり、個人と企業は対等な関係を築ける。すると交渉のカードが切れる。

会社への期待値を調整する
頼りにできないけど、敵でもないし味方でもない
そのくらいの期待値で生きなければ会社に対してむかつくこともない。
会社に自分の将来の面倒みてもらおうと最初から考えていないため、自分の市場価値を上げることを意識する。

準備しておく
不安な時は最悪の事態を考えて、最悪の事態をやってみる
どこでも通用する専門性があれば転職もできるし起業もできる。

社内ベテランは危険
幹部候補として選ばれた人以外はただの駒。
社外ベテランは作業的な要素が多い。
同じ現場に長くいてしまう
スキル、給料アップできるのはその現場に参画する時
大きな機会損失になってしまう

高単価を求めると上流工程が多くなる
実際に手を動かして作るというたのしい作業ができない
なかなか見えないからつまらない難しくてしんどい
上流工程に携わることを放棄して
より楽な実装工程や保守改修工程を専門にしてしまうが、価値は高くない

自分を安売りしない

高単価を要求する図々しさがない

企業相手に単価交渉をする際はお客様からの要求も高くなる

社会的強者に対する情弱ビジネスというふうに割り切った方が良い

相手はお金を持っていらっしゃる上に、

自分という個人よりも立場強い組織なわけですからそこは遠慮する必要は何もない

自分と企業さん側との技術格差や情報格差を徹底的に活用して

相手の引き出せる最大金額を引き出すことを狙うべき

価値を高める

自己評価を止め、客観的に自分の能力を棚卸しする
評価は他人がするもの。他人から評価されることから逃げ続けてはいつまでたっても現状を打開することなどできません。
自己評価なんてものは存在しないと思った方が良い。
評価者が一体何を求めているのか明確にする。
評価者である上司に自分が達成するべき定量的な目標を確認するのが良い。
自分の能力を棚卸しすることで無駄な仕事に時間を費やすこともなくなる。

市場価値は仕事の値札
市場価値はビジネスモデルの収益性と現在の需要と供給の関係で決まる。
同じ仕事をするなら高い年収をもらえる業界にいた方がよい。

自尊心とは
自分の存在価値を他人から認めてもらいたいと言う気持ち

差がないから安く買い叩かれる
オペレーターは参入有障壁が低い
悪いわけではないがストレス具合とうまくバランスを取る

自分の外れ値を大事にして磨く
吐出部分を世の中、集団でどう活かせるか自分で考えて行動する。
社会にある能力がすでにあっても能力が評価されない
とんがっている部分を大事にして、押し潰されそうになったら跳ね除け、とんがっているところが生きるところを考える。そしてビジネスにつなげる。

何でもできると言う人は実は何でもできない人
個々の職務が高度化し、新たな技術やサービスを開発するには高度な技術をもった人材が必要。

普通になりなさいというのは平凡になりなさい
能力を発揮できるのは普通ではない事で発揮できる。
普通はなにも突出していない。平凡である。
自分達の外れ値を磨く
突出した部分吐出部分を日々
社内、社会の役立てるか
すでにある能力があっても価値がない
他の人ができないやらない事
とんがっている部分を大事にしを攻撃を跳ね除け自分で考える

みんなが不得意なありがとうをひろう
自分の質に合った業界や仕事を選ぶと実はライバルだらけ。
相手に対し他の人とは違う自分独自のありがとう引き出す。

ライバルがいない分野に強みをスライドさせる
頂点を目指すのではなくスライドしてオリジナルの価値を見出す。
ライバルがいない少ないところでスライドする。

逃げるは負けではない。戦略的思考。
森の中で熊や蜂におそわれた時と同じ。
まっこう勝負というのは弱者側でなく、
強者の戦い方。
勝ち目のない闘いはさける

今やっていることに希少性があるか
どんな業界でも固有のスキルが必要

専門分野の掛け算で独自の価値を作る
あなた以外の人でもできるなら相対的に価値が下がってしまう。
あなたがお客さんの立場として同じ商品なら安い方を選びたいはず。
うまくいかない不安を抱えながら人と違うことをして、価値提供し続けて評価される。

座組みが確定していないフェーズは単価更新しやすい
逆に保守運用フェーズになると高度なスキルが要求されない。
単価交渉がしにくいし高単価がほとんど期待できない。
自分の人材価値を向上させるための学びがそれほど大きくない。
コードを書くという事を楽しむのではなく。
プロジェクト全体に対する影響がより大きいポジションにうつっていく事を優先しないと単価面では損をしてしまう可能性が高い。

器用貧乏エンジニア

何か一つに突失している方が給料が高くなる

スタートアップは予算がないため

一つの分野にいかんする深い知識が必要というケースが多いので

多数のスキルを持っているよりも深い方が単価が高いプロジェクトに参画しやすい構造になっています

上流工程
プログラマーよりもSE
早い段階で上流工程で参画している人の方が単価が高くなりやすい
要件定義や設計等の上流工程の方が単価が高い
技術選定や言語選定ができる
機能は単価が高い
高単価を求めるとどうしても上流工程が中心になって
手を動かして実際に物をつくるという楽しい作業からはなれざる得ないという傾向もある

下流工程のメリット
お客様からのプレッシャーがないことで気持ちが楽になる
心理的重圧がちょっと辛いという人も結構い
物足りない
決定権がない

作業型のエンジニア
受け身でやっているので経験値がたまらない。
言われたことしかできない。
結局誰でもいいので安く買い叩かれやすい。
うちきりになりやすい。

給料をあげるためには
・コンサル的な立場
・上流工程を担当できる
・要件定理
・外部設計

求められる仕事を素直にやるだけでは単なる使える人で終わってしまう
自分の役割を全うすることは大事。
だがそれだけでは安売り人材にはなれても安売りから抜け出せない。

新規開発フェーズを経験する

座組みが確定されていないと

単価が固定されていないので単価交渉できない

保守運用ケースは単価単価交渉がやりづらい

自分の人脈から引っ張ってくる

器用貧乏

エンジニア1人2役は単価3人分にはならず
理由は全く異なるスキルと知識が要求さる複数の分野において高単価を維持するためにその分野で働いたり、勉強に使う時間が持てないから実質不可能。
高単価をキープするには、自分で勉強しながら仕事経験を積み続ける必要があり、それを長い期間続けていく必要があるから
エンジニアは同じペースで片付ける必要があるわけなので人一倍1倍働く必要があるし、できても2刀流で2倍。永久に長時間労働し続ける必要がある。
Googleなどで働いた方が確実に高単価。
若いうちはいろいろ経験してそれによってキャリアに新しい展開が生まれるが、
器用貧乏にならないように注意する必要がある。

短縮できるを提案

スキルの足し算でなく掛け算を意識する
大抵の場合はそこそこできる人よりも何か1分野に突出している人の方が単価が高い。
スタートアップ系は予算がない仕方なく1人のエンジニアが広い範囲を担当しているだけ。予算のある会社は開発効率を高めるため分業体制をしている。
多数の分野でそこそこの知識を持っている人より1つの分野で深い知識が求められる。企業はバックエンドとフロントエンドができる人を求めるが、広い分野を求める会社は大抵の場合予算の少ないスタートアップ系の会社。
予算はないので高単価は期待できない

無駄な愛着サンクコストは捨てる
技術や人の情に流されてしまう
その時勢いのある右肩上がりの技術に移行出来なくなってしまい
給料や単価をアップさせるタイミングを逃してしまう
今だったらお金の匂いがする方向に素早く柔軟に動く

基礎の学習期間が長いと忘れてしまう
300時間以内、完全に忘れてしまう
頭の中にインデックスを構築していない
とりあえずそんなものがあったな程度で良い
基礎をある程度学んだらとにかくなにか成果物を作りはじめてしまってその

なかで壁にぶつかったら覚える
知識がつながって線や点になって実践力として身につくわけです。
1番効率がよくて再現性が高い手法は誰かの役に立つ良質な情報をアウトプットし続ける

アプローチ

できる量より質

私は何をする人ですというラベリング
お前はこういう人間だと言われると自然とこうなっていく。
相手に合わせてささるラベリング。
自分へのフィードバックにもなる。

わかりやすい資料を作る
わかりにくい人にわかりやすく説明できる知識

プロとして意識する事

自分のことを専門家だと思う

深くやるそのためには広い知識が必要
穴を掘る時広く掘らないと深く掘れない

積極的に提案する
あなたにしかできない提案ができる
積極的にいろんな指摘し、どれだけ人と違ったことができるかでアピールしなければならない

課題解決力
エンジニアは、プログラミングをするのが仕事ではなく、ITを使っていろいろな角度から考えた上でベストな解決法を導き出すのが仕事。

日々意識する事

働きがいと高い報酬の両方を手にする
給料アップ以外を支えているのが働きがいと言うもの。
せっかく働くならどちらも手にする。

英語力
日本国内においても深刻なエンジニア不足の状況が続いているため英語力を高めておく優先順位は低い。
世界のエンジニア事情から考えると日本語しか話せないエンジニアの需要は低い
海外のハイテク企業が日本国内に侵食していっている事実を考えると英語力を高めておくメリットは高い。
世界的に見れば日本語しか話せないエンジニアの需要はこれから低い。

コミュニケーション力
プログラミングスキルは大前提。
スキルがありコミュニケーションをとって円滑に仕事を進め、きちんと結果(成果)をだす人には高い給与を支払う。
何をするにおいてもプロジェクトは分業され、管理する人やまとめる人がいて、それぞれの領域で仕事を進めます。
この時、他の工程に携わる人たちときちんと意思疎通ができなければプロジェクトは成功しません。
たとえフリーランスで独立していても、仕事をふる人とのやり取りは大切です。

社交性や外交性が低い
とにかくこの人脈形成の部分が非常に弱い

ベンチャー企業の交流会

勉強会の後の交流会

人脈面で差が出てしまうと

仕事に投下した労力を効率よく回収できなくなってしまう

上流工程に行くほど外交性とかコミュニケーション能力の高い人が有利になる

お声がけスキル人脈形成

お声がけした相手からそっけなくされたり無視されるようなことはもう当然だと思っているのでその程度のことでいちいち深く傷つくようなことはいらない

メンタルが鍛えられる

交流会では1番積極的にいろいろな人に話しかけて名刺交換をしている

エンジニアは消極的な人が多いというかそれを必要としていない

逆に言うとここでガンガン積極的に前に出てお声がけできる人はそれができない人と比較した際に長い目で見ると大きく得をする可能性がかなり高い

主催スキル、立候補スキル

人間性の能力は五十歩百歩

何もかも受け身で誰かに話しかけられたり誘われたりすることを待っている人

何事にも積極的で自分から手をあげたり主催したりお声がけする人の方に面白い経験もチャンスも集まってくる

変化に順応する

その技術トレンドを日々キャッチアップ
自分のスキルを磨いていかなければならないわけです。
常にアンテナ張って、必要あらばスキルアップのために自分で学習していかなければならない、それが年収アップにもつながる。

変化を恐れない力
今後GoやTypeScriptの需要がさらに高まれば日本国内において学習される機会が増えてくることも予想されます。
変化を恐れないで対応していく姿勢が問われる時代になるでしょう。

変化に順応する力をつける
現代は地球環境や労働環境が変わることによって仕事内容が大きく変化していくため、エンジニアとして仕事をしていくにはそれらのことに順応する力を身に付けておく必要があります。
エンジニアとして仕事をしていく人は、状況を冷静に観察できる目を養うことで、さまざまな変化に順応していきましょう。

つべこべ言わず流行にのる
流行に乗らないと社会に置いてきぼりになる
SNSがミクシーだったら引く

学び続ける
エンジニアには学び続けることが不可欠。
これからのエンジニアは英語力を身につけ世界水準で競争していく時代に突入していきます。
国内と海外の需要がこれからは均一化されこれまでのスキルが通用しなくなる事態も考えられます。
そのためには新たな知識を身に付けスキルを高めるために学び続けなければなりません。

技術についていけなくなる過程
エンジニアをやっている人は歳をとるにしたがって技術についていけなくなります。毎日終電まで残業し仕事をしているような状態では、技術のキャッチアップに時間も体力も割けません。

面接されるスキル

是非この職場で働きたいなと強く思って受けた面接に関して最初からうまくできたわけでもなく面接官の反応が良かった時に調子に乗って余計なことをいって印象を悪くしてしまったり

緊張でガチガチになってしまったり、

なにをいっているのかわからなくなってしまったり、

論理的な矛盾を突っ込まれてしどろもどろになってしまったり

色々な失敗をしてしまいました

そういった失敗への反省と

その後もエンジニアとしていろいろな現場を経験することで面接の場数をたくさん踏んでどう言う心理状態で挑むとうまくいきやづいのかとか、こう言う突っ込み方をすると

突っ込まれたとき墓穴を掘りやすいとか逃げ道を作っておいた方がいいな

色々なことをかなり臨機応変にできるようになってきた

頭が良くて十分に優秀ではあっても面接で損をしている人はかなり多い

エンジニアになりたい理由とその会社への志望動機が一貫している必要があるとか

自分の成長にかんする話は控えめにして

企業さんにどう貢献できるか話さなければいけないのか色々なコツが有る

企業側が求めている人材はコミュニケーションが丁寧で物腰が穏やかで一緒に働きやすそうで話の内容が理路整然としていて

一貫性があって自己犠牲精神が高くて自走できる人

弱いままでいいからポートフォリオという戦場作りに行く

ロールプレイングゲームで言うと安全な村のまま剣の使い方を知ったらどんどんダンジョンに出る最速でボスを倒しに行く弱いままで戦場に出る

全然手を動かさずに勉強ばかりしてしまわない

基礎の学習にかければかけるほど先に進めなくなる

短期集中で弱いまま戦場に出る

経歴の盛方

詐称にならない範囲でどんどん盛る

ビジネスの世界においてはほぼ誰でも多かれ少なかれ経歴を持っている

そういう競争の中で謙虚になってしまうと確実に損をしてしまうから

女性のメイクは美しさを競う場としてはメイクをしなかったらほぼ確実に惨敗してしまう

ビジネス周りもほぼ同様で誰もが多かれ少なかれ自分を装っていてすっぴんではないわけでそういう環境で戦うならば詐称と言われない範囲でうまく経歴を盛らないと

わざわざ自分から負けにいっているようなもの

嘘にならない範囲で経歴のを盛ること自体はどんどんやるべき

もっている部分に関してもどんなに突っ込まれても

絶対に回答に困らない範囲に貯めておくというのがどこなでもっていいかを判断する上でひとつの基準になると考えてよい

実際にどんなタスクを担当していたのか

使用された言語やツール等を簡単にご説明いただけますと幸いです

その役割や貢献の内容説明すれば問題ないからそういった守り方はおk

経営者はエンジニアに求めるスペックが身の程を知らなすぎる身の程をわきまえていない

経験年数、スキルセット、最近もモダン、人柄が良い、メガベンチャーとたたかう

ステータス、待遇、技術スタック

長期間定着してくれそうな

将来性と人間性を重視した採用活動を行う

人材の定着率も高まる

満足するようなタスクを提供できなくてすぐにやめられてしまう

さびすでつかっている技術を早急にリプレイスする

自分の経験でモダンな技術スタックへのリプレイス作業を経験できるということを売りにする

断る

いい人って呼ばれないようする
いい人である以上に生きる道がない。
いい人と思った途端ある種の人間はその人の良さを利用しようとする。
いい人だらけと言う会社は実は良い会社ではなて幼稚な会社に過ぎない。

戦略的思考を身につける
自分で全部やるみたいなところからどんどん解放されて
自分のすべきことに注力する

やりたくないことを1つずつ手放す
嫌なことへのストレス耐性が強くなってつい嫌いの感情が麻痺してしまう。

上司が自分の仕事を追しつけてくる場合
自分の仕事を優先し、他人の仕事ゆっくりしよう
頼まれたときはこの仕事終わった後でやりますねと言って
なかなかすまなければ、今後違う人に頼むと言うことになるかもしれません。

ユニークに生きる

ユニークな人間になる

エンジニアは技術まわりに逃げている

技術周りのタスク面白い

技術系の作業だけやっている方が明らかに楽で時間が早くすぎていく

エンジニアとして手を動かすだけなことをやっても世の中からのアテンションの獲得だったり

自分が面白いと思う人たちから興味を持ってもらうことだったり、モテることだったり

桁違いの収入を得ることだったり

そう言うことに全くつながらない

多くのエンジニアは恋愛とか持てとか本当に欲しいものをごまかして技術という安全圏に逃避しているだけでのように見えてしまう

懇談会の際どんな人が周囲の人たちに興味が持てやすいかというのは実感としてわかっているのですが、エンジニアの仕事だけをやってきた人というのはそういう集まりにおいてほとんど興味を持ってもらえない

エンジニアは売り手市場なので道具としては興味を持ってもらえる

エンジニアの機能面以外にはほとんど興味を持ってないことの方が多い

その場で興味をおpもってもらえるには

自分で企画して面白い事業やサービスや何かを始めた人

仕事でも遊びでも色々アクティブにチャレンジして話題も人脈も豊富な人

本業で働いているエンジニアというのは基本的に自分で起案して何かの事業やサービスを立ち上げた経験がある人というのは滅多にいません

それでも何か面白い色々な事にチャレンジして面白い経験をたくさんしているから

面白がってもらえる場合がある

土日勉強しかしていないエンジニアは得に何も面白いエピソードは持っていない

話がつまらない話すのはしんどいな

女性からの評価もっときつい見出しなみもパッとしない面白い話もしない

時間の無駄と判断されてしまう

エンジニアとしての

本業や技術以外の事にも入り色々チャレンジしてないと職能以外の部分ので

人から面白がってもらえるような要素が何もそだたない

プログマシーンみたいになってしまう

機能には魅力あるものの機会なので道具扱いされてしまい人としてつながらないと思ってもらえない

結局この人は面白いなという瞬間はこの人は今後面白いことをやりそう

この人と繋がっていると面白いことが起こるかもしれない

おもしろい人と繋がるかもしれない

という期待が発生するかどうかが重要

その結果多くのエンジニアは自分を道具でなく、人間あtかいしてくれる同じ職業の人つまりエンジニアとばかりつるむようになり

ますます狭い世界の人しか通用しない人になってしまう

なにかしらの専門性

ユニークな人、面白い人の価値が

優秀な人、価値が提供できる

現代において価値があがっている

現代であればクリエイティブな仕事の方が利益率も高く生き残れる時代

人とは違う部分はコスパがよい努力

珍しいことはとりあえずやってみる

飲み会の幹事とかメリットがおおい

できなかった自分への理解が

成功から得られるものは報酬

失敗から得られるものは成長

未体験のことはとりあえずチャレンジしておく

そうすると人よりユニークになる可能性が高い

ずっと同じやりかたですぐに老けていく面白みがない

意識して

新しい知識

新しい場所

新しい食べ物

新しい仕事

新しい人間関係

小さなストレスを乗り越える経験

↑top