立ち振る舞い

2015/12/26

はじめに

働くということは、その会社の顔になるということ
身なりがきちんとできている人なら、きっと大丈夫だろうと相手に安心感を与えることができ、その後の契約などもスムーズに進めることができる。

シンプルで分かりやすいを心がける
小説、音楽、映画などの芸術作品の方もシンプルで分かりやすい商品の方が、複雑なものよりヒットしやすいし、シンプルで分かりやすい。仕事でもそうですし、商品や作品を作る時もそう
話をするにしても、文章を書くにしても、誰かに何かをお願いするにしても、常にシンプルに 分かりやすくする。

心の余裕

堂々としている
自信がある人は男性からも女性からもモテます。

モテる人は自信と謙虚のバランスを取るのがうまい
自信だけが膨らんでしまった人は嫌われますが、ここぞという時に自信を持って決断できる、自分の考えを堂々と口に出来る男性を女性は尊敬して好意を持つ。

相手を見て態度を変えない
年齢や性別ではなく”人”に対して謙虚さのある男性はモテる。
上下関係においてというよりも、どんな相手にも敬意を持って接する事が当たり前にできる。
変に年上ぶったり偉そうにしない

頼られる存在は誰から見ても魅力あり
わけへだてなく周囲から頼られる存在、それは自分に余裕があると見える証拠、いつでも自分のことだけで余裕がないようでは、女性から見て、オトナとは映らない。
自分に余裕があるからこそ、人の相談を受けたり、頼られる存在になる。

性格

爽やかな性格
どんなに見た目に清潔感が溢れていても話してみたらネガティブな人だったなんて事では勿体無い。会話の中にネガティブな発言を控えるだけで印象はガラリと変わります。

おやじ化の本質的な原因は心の中にある
体型や服装や言動
もうおじさんだからの口癖

自分が傷つかないための優しさではないか
人が一番苦手なのは決めるという行為
リードしてくれる事で頼れる
意思決定が早いと頼もしい

職場でモテるには
・コビを売らずに仕事で成果を出す
・焦らず余裕もって接する
・人をネタに小馬鹿にしない

挑戦し続けるという姿勢

身だしなみ

はじめに

人は見た目で判断せざるおえない
人間性を判断できるのは何ヶ月か1緒に働いていないとわからない。
見た目、経歴、学歴で判断するしかないのである。
第一印象でつまづいたらもったいない。
まずはファーストステージをクリアする。
自分の人間的な魅力を相手にわかってもらうのはその後。

うわべを飾って内面の評価を上げる
きちんとした服装をしていると相手から信用されやすい。
外見の整っている男ほど心も整っていると感じてしまう。
不清潔な見た目だとその人の評価も下がります。
逆に言えば清潔感さえあれば、信頼できるイメージができ社会でのウケも良い。
自分が思っている以上に第一印象は強くのこり、しかもわずかな時間んで決めつけている

外見ならすぐにかえれる
意識や内面を変えることは難しいけど外見は今から変えられる。

基本的な身だしなみを整える
身だしなみに清潔感を感じる男性はどんなに年齢を重ねてもモテる。
・口臭
・髪の乱れ
・洋服にフケ
・髪の毛がボサボサ
・顔のテカリ
・ヒゲ
・眉毛
・爪
・体臭
・服のしわ
・毛玉
・靴の汚れ

清潔感

おしゃれより清潔感
おしゃれは飾ること、身だしなみは身だしなみは周囲の人に不快感をあたえないこと。
おしゃれな人より清潔な人のほうが好印象。
どんなにカッコよくても性格が良くてもイケメンでも不潔な男は嫌われる。
日々の努力で清潔さを維持しているかどうか

「清潔感」であって「清潔」ではない
パッと見、話し方、食べ方、あらゆる仕草、行動といった表に現れる内面からにじみ出る雰囲気などひっくるめての印象。
その人がもつトータルイメージ。それがクリーンであるか、汚らしいか。

肌荒れ
特に、ニキビや吹き出物、荒れた肌は清潔感を感じさせません。
吹き出物や肌荒れは不規則な生活、寝不足が原因ですから、規則正しい生活と十分な睡眠を取る事、そして洗顔は毎日しましょう。

アイロンがけ
アイロンなしでも綺麗に着れるものを選らぶ

口臭を治すには
歯石と舌の汚れを取り除くことで、ほとんどの口臭を防ぐことができる

服装

着こなしはあなたのメッセージ
何を着るかはあなたがどんな人間で何を考えているか、あなたがまず最初に発表する「広告」である。他人があなたの服装であなたからのメッセージを読み取る。
服装はうわべではなく自分の体の一部と心得る

服は他人が見るもの
自分の服を見るのは鏡の前の一瞬それ以外の時間は他人に干渉される。
かっこよさよりダサくないか自然体でオシャレだったらもてる
・一緒にデートに行いっていて恥ずかしくない服装
・自分に合ったムリのないオシャレをしている
・若いファッションは痛々しい

小奇麗な服装をする
清潔感を与えるだけであれば、オシャレをする必要はありません。
汚れていない、洗濯のされた、皺の無い服装を意識すればいい。

靴で評価される
靴を見れば、その人の社会的地位や経済状態がわかる。
なかには「足元を見られる」のを嫌って、どんなに経済状態が苦しくても、靴だけは磨いているという男もいる。
つまり、いつも靴がきれいな男は、オシャレというだけでなく見栄っ張り。

高価な靴を履く必要はありません
靴が汚いとそのまま「脚が臭そう」と思われてしまう。
綺麗な靴を履く事が大切なのです。
靴に砂や泥がついていればきちんと落として、靴磨きなどできれいに拭き上げる。
いつもはいている靴は毎日のお手入れで、常にピカピカの状態が維持できるように定期的にメンテナンスする。

サイズを合わせる
サイズが合っていないだけで、だらしない印象になってしまいます。
シルエットをキレイに見せるためにも、自分のジャストサイズをしっかり選ぶ。
・肩幅が余っている
・ジャケットの袖からシャツの袖が出すぎている

コーディネート
ベルト・靴・バッグのカラーを合わせておけば、色合わせで大きく失敗することはない

服装を真似る
外出先や会社内で、自分が「この人の印象はいいな」と思うような人の服装を真似てみる。
清潔感のあるファッションはさわやかといわれている芸能人やモデルの着こなしがお手本になります。
店のマネキンは流行をたくみに取り入れながらも、絶妙な組み合わせでコーディネートされている。

ヘアースタイル

定期的に散髪に行く
1か月に1回は美容院へ行き髪の毛を整えたり、朝の時間に少し整髪するだけで、印象はぐっと変わってきます。

天パは不清潔に見える
天パでもツヤがあればおしゃれに見える
天然パーマを活かすというポジティブな発想が大切

・黒髪
・耳を出した短髪
・整髪料を使う
・前髪を短くする
・前髪が長すぎるとそれだけで清潔感は無くなってしまいます
・もみあげを整える
・定期的に美容院に通う

ダイヤ型
髪質がヘタるとトップにボリュームが出にくくなり、サイドが膨らんでダイヤが潰れてしまいます。潰れたシルエットが老けて見える原因。ソフトモヒカントップはワックスで動かす

ツーブロック
髪型を大きく変えなくてもオシャレになる。
刈り上げすぎるとハードな雰囲気になるので、ビジネス仕様なら8~9mmくらいにバリカンをかけると、清潔感があってソフトな印象にできる。

体型

メタボとは無縁の身体をしている
細身の体型は若さを象徴。太っている体型は老化を連想させる。
自己管理ができていない努力を怠っている。
鍛えられた身体は自己管理のたまもの
同年代の男性が中年太りを始めていることもあり、30代女性にとってスマートな体型を維持する男性は魅力的。
太りすぎている=節制ができない人という世間のイメージ
自己管理がきちんとできるのは仕事もプライベートもしっかりこなせる証拠

姿勢
どんな服を買うより姿勢がいい人のほうが100倍オシャレ
背筋が曲がった人はそれだけで魅力が半減する

↑top