昇給マニュアル

2016/04/16

はじめに

キャリアアップ
キャリアUPで大切なのは誰かに必要とされる人になること

出世は決定権者の評価が最も重要
出世において最も重要なのは人事や上司など決定権者からの評価。
社内での自分の立ち位置を理解し求められていることに対し成果を出す。
それを決定権者に認められることで出世する。

日本は能力値より忠誠度の高さを重視する
残業を苦にして働くというのは自分の命令に従う奴
優秀でムカつく奴より自分の命令に従う奴
無能でも思い通りの動く便利なやつで固めた方が快適になる
快適かを優先すると利益率が低いそれが日本の構造

情報

平均年収ランキング2016
適正年収

ボーナス
主要企業の2015年夏のボーナス平均額83万2292円

昇進させられない部下の特徴
・口先だけで行動力がない
・同僚や後輩から人望がない
・誠実さに欠ける
・自分の失敗を認めたがらない
・意志が弱い
・バランス感覚がない
・将来のビジョンがない
・自分の手柄をやたらにアピールする
・ストレス耐性が弱い
・権力欲が強い
・ネガティブ思考
・下に厳しい

クリエイティブ40歳課長クラス
450万円から700万円

行動

時給アップする人
・同じ職場で長い期間勤務していた
・こなせる仕事のレベルが上がった
・責任のある仕事を任せられるようになった
・積極的に自分をアピールしていた

昇進させたい部下の特徴
・行動力がある
・優れた思考力・洞察力を持っている
・同僚や後輩から人望がある
・将来のビジョンを持っている
・バランス感覚がある
・高い成果をあげている
・人柄がよく誠実
・成長意欲が高い
・ストレス耐性が強い
・意志が強い

下調べしておく
他の会社では自分と同等のスキルの人たちがどのくらいの年収を得ているのかを下調べしておく
面接官と話し合い、どのくらいの額を提示するつもりでいるのかを聞き出すことよりも容易くかつ有効な手段です。
相場が自分の今の給料よりもだいぶ高ければ相場の金額から交渉を開始することができます。

自分を売り込む
自分に能力があっても評価してもらわなければ意味がありません。
相手に自分の魅力が伝わらなければ能力を使うこともできないからです。
仕事だけでなくプライベートや恋愛でも同じで自分がどれだけいいものを持っていても周りの人に理解してもらう努力が必要。
面接の時は今のやる気を第一に見られることもあるので今の自分は次の仕事に向けてやる気があるのだということを伝えるようにする。

自分がやった成果を説明するという癖が必要
ここを改善したため生産性が上がった結果を説明する資料をつくる
わからない人に向けて自分がやった事をちゃんと説明する癖があった方が給料が上がりやすいし出世しやすい
・出世しても給料が上がらない
・自分の働いている環境を快適にするというとこに意識

お金と言うのは自分の器の大きさしか入ってこない
器が1,000,000円なら1,000,000円以下
10,000,000なら10,000,000以下

人間性の向上
出世するためには人間性の向上が出世の近道。
人間性が高まれば、仕事も頑張り成果も出せるようになりますし、人間的に魅力がどんどん増し、周りの人がファンになってくれる。
そうなれば、出世どころか、一流のリーダになっているのです。
人間性がよくなければ周りの人はあなたに偉くなってもらいたいと思う。
逆の場合は非難されたり邪魔されたりする。

見返りを考えずお手伝いする
見返りを考えずお手伝いすると、周りにあなたのファンが増え、気がついたら多くの人があなたを尊敬し応援してくれます。
あなたのために何かしたくて、周りの人は、人望が厚い、面倒見が良い、人徳があると言います。

ゴールを共有させる
交渉相手が経営者なら「●●を達成したら○○という条件で働くとは可能ですか?」という交渉は比較的通りやすい。
一緒に達成できることを聞いてみて共に給与アップできるようになれば素敵。

遅刻しないなど時間の正確さ
最低限のことがきちんとできている
時間を守ることは最低限のことだから
時間にルーズは全てに影響する
時間管理に人間性が表れる
時間にルーズでは信用をなくす

後輩からの人望
人望とは人気ではないという前提で信頼関係を築ける人材ということ
先輩に媚びへつらって昇格に固執しているより後輩に人望がある方が良いと思われる

人使いのうまさ

仕事以外の人脈の広さ
人脈が広いという事は社交的で積極性がある事

可愛げのある性格
嫌われるより人懐っこいほうがどちらかを選ぶときに選んでしまう
何かと目をかけられチャンスを与えられる体力的なタフネスさ
深夜になっても翌日には元気いっぱいなところ
人脈や芯の強さはビジネスチャンスを広げたり成長し続けたりするために必要で今後への期待も込めて選ばれているようだ

通常人はできるだけ安く買いたい自分を高く売る
安売りの人は報酬を人に決めてもらう最高値の人は報酬を自ら提案する
商品を買う立場ならできるだけ安く買いたいと思うはず
相手に報酬を決めてもらうと言う事は自分で決定権を持っていない相手が休み利用してきたらそれに甘んじなければならない。
自分と言う商品価値を磨いたとしても自分を強く出ているって言ってなければ安売りしてしまうことになる
自分の価値をしっかりプレゼンして最高値で売る相手に価値を委ねてはいけない
働きがいは大切だが働きがいがあるから安い給料安い報酬でもいいと思ったら自分を高く売ることができない。
好きな人と働ければお金は特に気にしない。
自分も最高値で売りたいなら顧客があなたに働きがいと効果を提供できるように愛し生院生は注文したものしか手に入らない。働きがいと報酬の両方求める

転職に際しては自分の市場価値を常に意識する
上司や会社からの評価ではなく、転職市場にどう見られているか視点を持つ

会社は売り上げを伸ばせる人にお金を払う
会社の売り上げに貢献すると言うスタンスを持つ

給料のルールを理解する
給料は労働者の対価として支払う得るものつまり労働力の値段
自分が発揮する労働力にはいかに時間や手間かかっているのかをアピールし
給料の評価者に理解してもらうことが重要。

会社を使い倒してやる位の必要
その会社でいろんな経験をし踏み台にして将来的に別の会社に転職したり独立したりすれば大きな額で換金できる。
社内で給料上げるにはより大きな仕事の再投資

横の転職はさほど上がらない
軸ずらし転職が有利

人脈は退社した途端あっという間に消えてしまう
会社を離れたら頼るなは寂しすぎる

エンジニア平均年収

アプリエンジニア

Webアプリやスマホアプリ、業務系アプリなどのアプリケーションを開発するエンジニアのことです。平均年収は「547万円」。

クラウドエンジニア

クラウドサービスを利用してシステムの設計・構築・保守をおこなうエンジニアのことで、インフラエンジニアの一種として位置付けられます。平均年収は「594万円」。

セキュリティエンジニア

ネットワークやシステムのセキュリティ確保を主な業務とするエンジニアのことで、インフラエンジニアの一種として位置付けられます。平均年収は「569万円」。

データベースエンジニア

データベースの開発・設計・運用をおこなうエンジニアのことで、インフラエンジニアの一種として位置付けられます。平均年収は「543万円」。

Webエンジニア

WebサイトやWebアプリケーションの設計・開発をおこなうエンジニアのことで、一般的にはフロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアに分けられます。平均年収は「599万円」。

フロントエンドエンジニア

Webサイトの構築において、ユーザーの目に見える部分の設計やユーザーと直接データをやり取りする仕組みづくりを担うエンジニアのことで、Webエンジニアの一種です。平均年収は「588万円」。全体の給与幅としては379〜974万円となっています。

AIエンジニア

機械学習やデータ解析などのAI分野を専門とするエンジニアのことで、AIのプログラム開発やAIによって収集したデータ解析などを主業務としています。平均年収は「593万円」。全体の給与幅としては377〜1,062万円となっています。

システムエンジニア(SE

システムエンジニア(SE)とは、システムの要件定義・設計などの上流工程を担当するエンジニアのことです。平均年収は「496万円」。

プロジェクトマネージャー(PM

プロジェクトマネージャー(PM)とは、プロジェクト全体の進行を管理し、予算や品質、納期に対して責任を負う職種のことです。

システムエンジニアの上位職に当たり、システムエンジニアとして経験を積んだ人がキャリアアップしてプロジェクトマネージャーになるのが一般的です。平均年収は「619万円」。

居心地がいい万能感

お山の大将は危険

企業という社会的強者に対する情弱ビジネス

エンジニアが企業に単価交渉するのもそのくらいの気持ちにいたほうがいい

情に流れてしまう無駄な愛着をもたない

人間関係に縛られることをなく

同じ現場に関わってしまう

パレートの法則

止まれば止まるほど

上流方向に動かない

下流の実装作業

上流工程は設計作業は難しいしんどい

↑top