資産運用

2016/04/10

お金について
—————————————————-
お金は素敵な人生を送るためのパートナー
お金で買えない夢はありますが、お金さえあれば実現する夢もかなりあります。
お金はあなたがチャンスをつかみ、夢をかなえ、素敵な人生を送るための最高のパートナーです。

欲求は無限大
人は喜びを手に入れるためにお金を求める。
しかし今よりもっといいもの、もっと楽しいこと、もっと快適な生活をしたいと思って、またお金を必要になる。
結局お金を多くもらえるようになっても支出が増えるだけで変わらない。

ありがとうのために働く
お金は対価である。
見栄をはらず自分の価値観をもって人から「ありがとう」と言われるために働く。

低所得者ほどお金が貯まる理由
年収が低い人は金銭的に厳しい故にお金に関する勉強をしっかりしたり、夢を実現するために貯金をコツコツしている。
無駄に使えるお金がないから無茶な使い方はしないし、どうするとお金が貯まるかを考え貯める力になっている。

自分が興味を持たないものにはお金をださない
億万長者ほど自分がいいと思うものには投資を惜しまず、興味やこだわりが無いものには一切お金を出さない。
本物のお金持ち思考というのは自分軸がある。
見栄を張っている事自体が恥ずかしいという気になる。

老後の資金3000

年代別家計簿
——————————————————–
自分のためだけにお金を使える独身に比べ家族を養いその他の出費も多い先輩・上司世代の懐事情は厳しい。

平均給料月収
25~29歳が25万7500円
35~39歳が37万4200円
45~49歳が51万8400円

30代平均月額給料
男性 30万円(手取り24万円)
女性 23万円(手取り19万円)
全体の35%の人がボーナス0円
全体の52%の人が残業代0円

30歳独身ビジネスマンの現実
年収:平均は415万円
お小遣い: 8.3万円

30代の3人に1人は貯蓄ゼロ
一般に30代は、結婚資金やクルマや住宅の購入のための自己資金、子どもが生まれれば教育費などが発生します。
また、この年代にキャリアアップのため自己投資をするという人も少なくない。
しかし、資格を取るのにもお金は必要。
貯蓄がなければ、こういった重要な支出には対応できない。
では、具体的にどのくらい貯蓄が必要なのか。

ボーナスは平均57万1800円
平成25年12月期の期末・勤勉手当の平均額は57万1800円(平均年齢36.4歳)でした。
夏のボーナスの推定支給額は平均55万8000円。
1カ月のお小遣い平均額は3万6500円。

30オトコ「金遣い」の現実と理想
ランチ 現実:636円 → 理想:898円
夕食  現実:1306円 → 理想:1784円
飲み  現実:3399円 → 理想:5743円
デート 現実:7685円 → 理想:1万5305円
家賃  現実:5万1804円 → 理想:8万4204円

老後の必要な資産
3000〜6000万

お金を増やすには
—————————————————–
お金を増やすための方法は3つしかない
お金を増やすための方法は 節約する・収入を増やす・お金を運用する

現在の財務状況を把握する
まずは収入、支出、資産、負債。
自分の財務状況を把握することから始める。
これをしなければ自分の体重を知らずにダイエットをしているようなもの。

強い目的意識理由付けを持つ
夢、目標、理由がしっかりしていれば自然にそれにむけて節約するようになる。
今買いたいもの、食べたいものをぐっと我慢できる。

ファイナンシャルインテリジェンス
—————————————————-
情報と教育に投資して知識を増やす。
人を金持ちにするのは情報、知識、知恵、ノウハウなどといったファイナンシャルインテリジェンス。
お金に関する知識がなければ、いい借金と悪い借金の区別がわからなかったり、金持ちが払う税金が少ない理由がわからない。
あなたがどれだけ「知っているか」それがあなたを金持ちにする。

情報の質を上げる
大金持ちとそうでない人の間のギャップがどんどん広がっているのは情報の質。
質のいい情報が資産ならば、質のよくない情報や間違った情報は負債。
質の悪い情報は人を貧乏にする。

借金
—————————————————-
浪費家を消費にかりたてる理由
先の支払いのことを考えずに買い物をして、借金が増え続けるばかりの人がいます。
その理由はチャンスを逃すこと、今十分なものがないことへの恐れが浪費家を消費に駆り立てています。

収入の範囲内でやりくりする
稼ぐ以上に早く使えば、差額を埋めるために借金をしなければなりません。
稼ぐより使うスピードが遅ければ、将来のために貯金することができます。
収入の範囲内で暮らし、将来のために貯金し、本当に価値のあるものを買うようにする。

借金をもって借金を制す
借金には良い借金と悪い借金がある。
いい借金は誰かが代わりに返してくれる借金。
悪い借金とは君たちが汗水流して返す借金。
借金することが問題なのではない。最も重要なことは、借金で何を買うかということ。

節約する
—————————————————-
節約はもっとも手軽な方法
その気になれば今日から即実行することも可能。
ただ、節約できるのは、収入から生活するのに必要な資質を指し引いた金額が限界。

生活水準を維持する。
年をとるにつれ人の生活水準は変わる。
それはその人が変化するから。
生活水準が変わったらその変化に合ったものを手に入れる金銭的余裕を作り出す収入を増やす方法を見つけることが大事。
節約したい費目
無駄づかい → 買った物を使いこなす
コンビ二買い →  まとめ買い
食事代 →
飲み代など交際費 →
ATMの手数料、延滞金 →  スケジュール管理
寿命の短い服 → 誰によくみられようとしてるか考える

節約に落差をつける
使っていい予算を決め割り算したうえで毎日使っていい予算を決めるのは同じことの繰り返しをしているので苦痛を伴う。ストレスのあまり衝動買いをしてしまっては意味がありません。
そこを「お昼は毎日500円」は「2週間のランチ代が5000円」というように考える。
そうすると2週間で600円余裕がでますから、これを残りの4日に振り分けます。
同じ金額を同じ期間に使っていxとしても、自分で自分に落差をつけることで、満足度の合計を高くすることができるのです。
また、我慢している日があっても「これは数日後にプチ贅沢をするための我慢」と思えば、我慢も喜びを感じる。
漫然と同じお店のお弁当をローテーションするより、よほど楽しいですし、満足度の総和も高くない。
これと同様に、夕食も、服代も、予算を意識しつつもメリハリを考えてみればいいのです

収入を増やす
—————————————————-
節約して絞り続けても限界がある
手取り収入が変わらないとすれば、生活の満足度を切り詰め続けなければ、節約の割合を高めることはできません。いつかは限界がやってきます。これは「ぞうきんを絞り続ける」ようなもの。
そこに含まれている水分には限りがあるわけですから、いつかは絞っても限界がきます。
むしろ絞る力を強くしても、出てくる水分は少ないという苦しい状況に陥ります。

無限大の可能性を秘めている
即効性がない
コントロールが効きにくい
実現に手間がかかる
お金を稼ぐ以外の別の楽しみを見つける
給料をもらいながら、好きなこと・得意なこと・ぴったりの職業を選ぶ。

副業で収入を得る

資産を増やす
—————————————————-
資産運用とは
節約できるのは、収入から生活するのに必要な支出を差し引いた金額が限界。
収入は1日24時間なのでそもそも時間には限りがある。
資産運用とはお金に働いてもらうこと。
金持ちになりたかったら、仕事の量を減らしてより多くのお金を稼ぐ。
お金持ちになりたいならただ資産を買うことに生涯をささげればいい。

金のなる木を育てる
節約したり、働いて収入を得たりすることは、自分がアクションを起こし続けることが前提ですが、資産運用はお金自身が働いてくれる。
お金のために働くのではなくお金を自分のために働かせるにはどうしたらよいかを学ぶ。
労働できなくなったら収入がなくなる労働して得られる賃金より、働かないで得られる賃金(不労所得)を増やす

複利
単利の運用では、お金は一定の上昇率でしか増えていきませんが、複利にするとかけた年数のべき乗で増えていくので上昇率も急カーブを描きます
10年超の投資期間を有する人には、複利は絶対に有利です。
お金を増やす源泉は時間にあります。まさにタイムイズマネー!なのです。
しかも、収益率が一定の平均値に収束する性質を持っています。
ですから、リスクは低減するのです。
ただし長期投資でお金が減る場合があります。
それは第一の分散がなされていない場合です。

不労資産
株、債券、投資信託、不動産、手形、借用書、著作権、特許権、アフィリエイト、スワップポイント

リスクとリターン
—————————————————-
お金は代価を支払ったことに対する見返り
成功が保障されている方法はいくつかあるが、お金、時間、めんどくさいなど、代価を喜んで払おうとしない。
損をするのが怖いから、どんなに大きな利益を生むものでもあろうと投資に手をださない。
お金は代価を支払ったことに対する見返りです。
欲しいものがあったら、そのために支払うべき代価が何かを調べそれを支払う。
ハイリターンなものほどハイリスクなのが、投資の宿命
ハイリターンを期待すれば、その分収益のブレであるリスクもおおきくなります。
リスクを小さくしたければ、収益のブレを小さくすることになるので、必然的にリターンも小さくなります。
安定志向の公務員やサラリーマンでいるよりも、リスクをとってでも起業することで、
将来爆発的に収入が増える可能性があるのと同じこと。

レバレッジの力を借りる
レバレッジの定義の一つはより少ないもので、より多くする能力。
レバレッジは諸刃の剣のようにプラスにもマイナスにも働く 。
レバレッジが危険なのは、自分ではコントロールできないものに対した時だけ。
コントロールできれば、少ないリスクでレバレッジを利用することができる。

長期投資でリスクをコントロール
長期投資ならはじめからじっくりと価格の上昇を待つことが前提になっているため、
日々値動きを追ったり、大きな手間や時間を割いて売買したりする必要がありません。
また複利効果がある。

分散投資でリスクをコントロール
投資をギャンブルにしないために、最大のルールは分散です。
一つの金融商品だけに投資せず、値動きの異なる金融商品に分散して投資をすることで、一気におおきな損失が出るリスクを避けることができる。
相関が低ければ低いほど互いの結びつきが薄いので、一斉に同じ方向に触れるリスクの軽減効果は高まる
投資対象をいろいろな資産に広げます。たとえば、株式、債券、不動産、商品などです。
金融商品の分散、業種の分散、地域の分散、通貨の分散、時間の分散、国内と海外の両方に分散する。

分散投資ではなく最良の投資で集中する
分散投資は無知に対する防衛策であって、自分のやっていることがわかっている人にはほとんど意味がない。
投資に集中することで、リスクをさらに低くし、より大きな儲けを出すことができる。
つまり、何百というオファーを自分で検討し、研究・分析して、それぞれの長所や短所をしっかりつかむということ。
集中することで大きな実りを手にする 。

不動産投資
—————————————————
特徴
・生活に必要な住居費
・大きく増える
・30年後も続く
・時間の自由ができる。

狙うもの
・中古のファミリー

その他
—————————————————
金で買える幸せは買った方がいい
愚か者は金を持って死んでいくため貧乏で暮らす。
人生は生きているうちに楽しまなくては意味がない。

お金や時間を取っ払うと本音がみつかる
お金にコントロールされている人はお金がストッパーになる

人はお金を払わないと本気になれない
お金がモチベーションになる
人間は何の苦労もなく得られるものはありがたさを感じない。

健康な体こそ最高の節約
病気は保険に入っていたとしても高くつきます。
バランスよく食べ、適切なサプリメントをとり、太らず、定期的健康診断を受けていれば財産と命が守れます。

↑top