マーケティング

2017/06/11

はじめに
———————————–
売れる仕組みを作るのがマーケティング
マーケティングとは1つの事柄を示した後にはなく。
使用に対して商品やサービスが売れるための仕組みを作っていく1連の活動のことである
どういう相手にどんな商品を見てどんな説明の仕方でどんな値段なら買う気になってくれる日を徹底的に研究し企画する作業とかがいればいい

基本フロー
———————————–
マーケティングの基本フロー
マーケティングの第一歩は参入を予定している市場の環境分析を行いその中の自分の商品やサービスを提供できるチャンスがあるかどうか強い競合がいないかどうかなどを探る

標的市場の設定
市場参入できると考えてもいきなり広大な市場にアプローチするのは難しい
自分の商品やサービスが競争上結を保てる部分がどっか家を出しエネルギーを集中する旨を絞り込む

ポジショニング分析
市場市場の中で自分の商品やサービスがどんな位置づけになるかどんな店が有罪に力が移るか競合に比べて優れている部分はどっかなどを分析し費用におけるポジションを定める

リサーチ
市場環境分析やポジショニング分析が正しいかどうかを判断するにはターゲットの声を聞くのが近道日を可決と思う人や友人やさらにメディアの傾向など身近なところでも調査できる

選んだ理由をわかりやすく説明できるようにする
—————————————
なぜ買ったか言い訳できる理由をつくる
売れるケーキと、残るケーキの違いは『買う理由』の差。
店頭でかわいい女の子に薦められたからつい買ってしまった。
通りがかりにふと目に留まって、おいしそうだったからつい、買ってしまった。これも立派な理由です。
つまり、お客様が納得できる理由なら何でもいいということ。
実際に商品が購入されるか否かの勝負は、その理由の数と、それぞれの理由の強さインパクトがどれだけあるかで決まります。
インパクトある『買う理由』を数多く与えてあげること。
この差が、売り切れるケーキと、売れ残るケーキの差となって現れる。

差別化
—————————————
他社との比較で営業上有利
他社との比較で選ばれるには、他社の商品・サービスと明確に差別化できているかが重要です。

他のお店との差別化させる
世の中にはすでにいろいろな商品、サービスが溢れています。
競合他社の多い分野は人、物、金、情報が豊富な大手企業が勝ちます。
これだけ大量の情報が飛び交う現代人の目に留まるにはオリジナリティーが必要不可欠。
まずこれだけは他店に負けないというショップのアピールポイントを探し出す 。
提供しようとしている商品・サービスを、他社ではなくあなたから買う理由は何でしょうか。
オンリーワンの地位を固めながら起業すると、価格競争に巻き込まれずにすみます。

価格競争に巻き込まれない
独自ノウハウによって付加価値を付けて他社と差別化できていれば、こうした価格競争に巻き込まれずに済みます。価格競争に巻き込まれずに済めば、利益を確保し会社を存続させていくことが可能になるのです。

ワンストップで受注出来る。
あなたの会社がそれらをワンストップで引き受けることで、広い視野でウェブマーケッティングが全体を管理でき客単価も上がります。
クライアントにとってみても各社間の調整が不要になるというメリットがあります。

→文章を書く技術コピーライティング

→コンサルタント※質の悪いコンサルタントは自然に消える
オンリーワンで価格競争を抜ける
誰でもできる事業はすぐに真似されるし、その事業そのものを他の人がどこかでやっている可能性が高い
もし自分の強みを活かしてこない事業であれば、強みを活かした競合会社があったときに、なかなか生き残れない。

特化して目立たせる
人になんと言われようとひとつの事に熱狂できる極端という旗印が立っていないと人は集まってこない。
自分の強みを見つけて、信じて、やりきった奴が勝ち。
知っているだけで省ける手間もあると思います。

真似をして成長する。
そうしながら自分のやり方をみつける。

SNSマーケティング
————————-
SNSでの無限の可能性
消費者のSNS利用率が年々上昇しSNSは自社商品の認知獲得に欠かせない場となっている。
時代の流れと始める費用手軽さから手を出す企業がかなり多い。
特に拡散による認知はいまやソーシャル上がほとんど

戦略が必要
記事を公開して待っているだけではアクセスは集まらない。
そのためソーシャルメディアを使ってコンテンツをシェアしてくれる人たちを誘導する。
方法は非常に簡単で記事を更新する度に更新情報を配信するだけで良い。
すると記事を公開したら短時間で多くのアクセスが集まり一気にコンテンツが拡散していくことになる。
そして結果的に多くのナチュラルリンクが付けられSEOを攻略できるようになる。

「Facebookをつかってない」はウソ、実際は「SNSの使い分け」が進んでいる。


Facebookは「当たり障りのないこと」を投稿する場所になっている
他サービスへのサインアップ
他のサービスに登録する際、面倒な手間を省くためにFacebookアカウントで登録することが増えている。Facebookはネット上の身分証明書のような働きを持っているためアカウントを消さないだけでも意味がある。

Facebookでは自分の親とも繋がってしまう可能性があるので、大人の目が少ないInstagramを住処にしている
Facebookには既にパブリックなイメージがついているため、子ども同士の秘密のやり取りの場には向いていない
投稿時にすごく慎重になる
今は「安心して投稿できる場所」ではない。
親も見ているし、昔の先生とかもいるし。
 
・Facebookは15億人を超えるユーザーを抱えた世界のインフラ化している
・比較的年齢層が高めで30代〜40代の利用数が特に高い
・実名制のため、信用が得られやすく、シェアされたときのコンバージョン率が高い
・比較的読み応えのあるコンテンツや動画投稿が多い。
・なにより実名で検索するだけでほとんど誰でも見つけることが出来るのが特徴。
Twitter
10代〜20代に多い。
よくも悪くも拡散力が強いため、使い方次第では一気に認知獲得ができるチャンスも潜んでいる。
フォロワーがあなたの記事を読んで良かったと感じてくれると積極的にリツイートをして、より多くのTwitterユーザーにあなたのコンテンツを届けてくれる。
twitterはコミニケーションをさらに簡単にしました。
スマートフォンの普及に先立ちアプリという形態での提供、
フォロー、フォロワーという形で承認なしに相手のタイムラインを閲覧できる
ブログの役割であった”一方通行の発信”と”友人とのつながり”を同時に満たせるものになった。
Instagram
テキスト中心だったTwitterと比べて画像、動画といったヴィジュアルを重視する
Instagramは言語という障壁、投稿までの作業時間を大幅に削減することに成功し、日本でも多くのファンを獲得しています。

最近、ストーリー機能に加えて、ビジネスアカウント(主にEC向け)に新しい機能が追加され、今後ビジネスでの利用がさらに伸びていく。

・ビジュアル特化型だけあって、ブランドやファッション等のtoC向けが多い。
・世界的にはTwitterより利用されるようになっている。
・若年層の利用率が高い
・若者受けするおしゃれな写真投稿がほとんど。
・拡散力が弱いが、興味関心、ファン化特化型。(ビジネス向けに直接商品購入にいける導線を最近発表していたので今後は購買も担うかもしれません)
・ストーリー機能(Snapchatと同じ、24時間で消える投稿)を使って、タイムセールや日常のゆるい投稿も可能になりました。
 ・「インスタ」はゆるく写真を見る写真メインでシンプル、それが良い
Instagramの流行には、インターネットテクノロジーの進化が特に大きく関連しています。
画像という、ロードに時間のかかるものをアップするには一定の処理速度が必要で当時それはユーザーにとってストレスでした。

”個人による情報発信”が力を持つようになった背景があったからこそ、自然に受け入れられたといえるでしょう。

これからInstagramを使ったマーケティングはさらに盛り上がりを見せるはず。
最近ではInstagramでの投稿から仕事を獲得し、収益を挙げている「インスタグラマー」も登場してきており、広告利用にもかなり積極的な姿勢だ。
数年前までは、SNSといえばTwitterやFacebookの印象が強かったが、最近は20代女性が使うソーシャルメディアといえばInstagram。

インスタにカッコイイ写真をアップしてそれを自動でTwitterに連携させるのが最適。

これからのSNS
———————————-

InstagramとTwitterのどちらに力を入れて運用していくか、さらには­InstagramとTwitterの内容を連動させるかどうかを悩んでい­ます。
一番の目的はPV数を増やすことなので、拡散力のあるTwitterメイ­ン
1. 社会的なプレッシャーを感じさせないもの(少なくとも親には気付かれないこと)
2. 仲の良いコミュニティだけで自分の好むものを主張でき、友達の好むものを知れるもの
3. ユーザーが当事者で受け身にならないもの

メールマーケティング
———————————-
HTMLメールマガジン
メールマガジンの読者であれば最も積極的にあなたのことを応援してくれる大切なファン。

↑top