転職マニュアル

2016/04/10

はじめに
———————————————–
勤務先が定年まで面倒みてくれる時代は過去のもの
成長が減速し、成果主義を導入する企業が増加、会社が100%雇用を守ってくれる期待はなくなり、経験を積みあげれば昇進昇給する意識は通用しなくなりました。
定年後の生活が長く、少子高齢社会では、手厚い社会保障も期待できない。
終身雇用、新卒採用が崩壊していく社会では、シビアな競争を余儀なくされる格差時代は一方で、年齢や学歴に止まらない、ある種フェアな競争。

空前の人手不足に頭を悩ませる
事業の多角化を望む企業は自社に新風を引きこんでくれる教習職種の垣根を越えて応用可能な経験を持つ人材を求める傾向にある。
そのためにはいつまでもどこでも通用する人材になる

転職を決める前に
————————————————-
転職をやめたほうがいいひと
・職務経歴書に記載できる実績がない
・社内での人事異動が期待できる
・大手企業に勤めている場合
・ベンチャー企業など将来性があり成長段階の会社に勤めている場合
・次の職場や具体的にやりたいことが見つかっていない場合

好きな事を一生やりぬくほうが難しい
時代が変わり、人間も成長し、価値観も変わリ、やりたいこともどんどん変わる。
一生やりぬくほうが難しい。

天職ではないと思う理由
転職はなかなか難しいく60.8%の人が「今の仕事は天職ではない」と感じつつも生活のために割り切っている。
・仕事が楽しくないから
・自分の力を発揮できていないから
・他にやりたい仕事があるから

青い鳥症候群
転職を繰り返す人のなかには「青い鳥症候群」になってしまっている。
どんな仕事をしたところで多少の不満は付き物だし1年やそこらで仕事の本質を見極めるのは難しい。「石の上にも三年」はある意味真実。

天職は探すものより、仕事を通して“辿り着く”もの。
はじめは天職だと思えずともその仕事を続けていく中で天職に至る。
早々に見切りを付けてしまうと天職を逃してしまっている可能性もある。

仕事辞めたくなる理由
————————————————-
労力と賃金が見合っていない
仕事がだんだんと忙しくなるのに給料はそのまま、残業時間は長くなるのに残業代が出ない、昇給の目処が全く立たないなど、働きに対しての見返りが少ないと人はやる気を削がれてしまいます。

実は人間関係のトラブル
仕事を辞める場合の理由としても、「労働時間・環境」「給料や待遇」「仕事内容」よりも人間関係は、賃金と同順位くらいで仕事を辞めたくなる理由。
人間関係の場合も社長、上司、同僚、部下、取引先、客、等様々な原因が絡み合っています。仕事内容よりも人間関係にしっかりと目を向け対策した方が上手くいく事が多い。
仕事自体は何の問題が無くとも他人にいじめと言われるようなことをされたり、上司からの威圧を常に受けたり、同僚であっても気が合わな過ぎて、衝突しやすければ、居心地がいいはずがない。
大企業で働けば移動というものが必ず存在し、人間関係を心機一転する機会があります。
しかし中小企業で働いた場合ワンフロアで入社から退職まで変わり映えのないメンバーの顔を見ながら過ごさなければなりません。

キャリア形成と好待遇
そこそこ満足できる企業に就職しても、向上心がある人は現状に満足せず。
自分の将来のビジョンを常に考えているもの。
キャリア形成と同時によりよい待遇を求めて転職をする人も多い。
仕事内容はそんなに変わらないけど今までよりも給料が高かったり福利厚生がしっかりとしている会社に転職したいという人がほとんど。

雇用契約自体が不安定
いつクビを切られるかわからない不安
会社の経営方針や事業計画の情報が公開されていない

このまま仕事を続けても、(昇進・出世・スキルアップなどが)自分の人生設計に合わない
スキルを習得できない

長時間労働が当たり前で体が持たなかった
実際の労働条件が悪かった
有給が取れない
将来性に不安を感じた

転職できない理由
経歴が汚れる

転職前に
——————————————
やりたいこと、好きなことを明確にする
仕事が長続きしない人は、そこにやりがいや楽しさを感じることが出来ないケースが多い。
給料が良いと思って仕事を始めたものの、仕事の内容が楽しくない等、仕事に興味を持っていないことが原因である場合があります。
まずは給料や待遇を見る前に、何を自分がやりたいのか、何が好きなのかを明確にすることが必要です。

中途採用の募集期間は定まっていません。
企業が人材を必要とするときが募集時期です。
今は転職意欲はないという方も情報収集を始める。平均的な転職活動の期間は3〜6カ月間。
複数のサイトを利用しておかないと出合える企業も機会も損失してしまう。

失業前に職場を決める
失業している時はひどい条件でも飲んでしまう。
そうならないように仕事をしている時に転職活動をする

就活は内密ににしていた方が無難
会社にバレたら上司との関係が悪くなり同僚から嫌みや陰口、仕事が見つからなかった時に恥ずかしいなどさまざまな恐れがある。

できるだけ早く辞めることを伝える
退社の邪魔をされる理由は会社側にとって十分な時間が足りないだけ。
早く言えばそれだけ退社の準備ができ滞りなく送り出せます。
唐突にバタバタと辞めるとお互いに後味が悪い。

引き止めには応じない
条件を飲んだとしても結局は転職することになったりクビになったり、
遅かれ早かれその会社を辞めるケースになる。

やめるタイミング
ボーナスをもらって会社をやめる6月末と12月末は退職者が増えるタイミング

書類選考
————————————————-
書類選考
応募者が入社後活躍できる最低限のスキル・経験を持っているか応募書類で確認しています。職種と経験・スキルとの共通点を多数記載し、応募職種に生かせるキャリアの持ち主であることが伝わるように書く。

仕事経験を数字にする
『頑張りました』『苦労しました』『一生懸命やりました』は頑張りの度合いが伝わりません。その頑張りを数字に置き換えることで今いる社員との比較がしやすく入社後にどれくらい活躍してくれるかイメージできる。また数字に表れていると『即戦力性』が感じられる。

分業やコラボレーションはアピールできる
一人ですべてこなすタイプより分業やコラボレーションでつくった作品は
グループワークができるという点で評価される。

異業種からのミドルの転職者に対して採用企業が期待するもの
・経験局所での専門的知識スキル
・新しい環境下でも主体的に動ける行動力
・自ら動き課題を見つけ解決する能力を動機づける
・マネジメント力
・慣習にとらわれない柔軟な思考

求める人材像は「意欲的」で「コミュニケーション力」があり「素直」
企業が求める人材像
・意欲的である(49.0%)
・コミュニケーション能力が高い
・素直である(32.2%)
・変革型人材(25.8%)
意欲は欲しいが、変化をもたらすような個性よりも、素直でコミュニケーション力が高い人物を求めるといった、チームワークを重視する日本の企業文化が示された。

平均複数応募数
1社以上の内定を得るためには、5社の面接を受ける必要があり、そのためには最低20社への求人応募する必要がある
複数の企業に応募していれば、それぞれを比較検討することで、自分にとっての譲れないことや希望の優先順位といったさまざまな判断の軸が見えてくる。
選考が進む中で初めて見えてくることもあり、応募後に「思っていたことと違う…」と気づくケースもある。
自分自身もたくさんの選択肢の中から最善のものを選んだという納得感を持てるかどうかが満足度の高い転職活動を実現するためには欠かせないポイント。

適性検査
面接で良いと思った人材が、本当に求める人材であるかを判断します。
また、適性検査が行われる理由を意識することも重要です。
その企業が採用したい人物像と、そこで働く自然体の自分の像、両方がはっきりとイメージできて重なるのであれば、双方にとってよい出会いをもたらす可能性が高まります。
自分と向き合い、企業と向き合い、そして両方にとって良い関係が構築できることを期待して、試験に臨みましょう。

ポートフォリオ
—————————————————
ポートフォリオとは
自分がどのような個性や能力を持っていて
企業に入ってどんなことができるかを知ってもらうツール

作品選定
・ポートフォリオの作品数は40ページ以内
・志望する企業が求めているスキルを考慮
・多くても作り込んだものがないと意味はない自信作を中心にのせる

順番をきめる
・見せたいものから並べる
・最初にいい印象を与え次が気になると思わせられる
・企業のためにカスタマイズさせる

説明文
・余計な情報は省き要点をまとめて5行から6行にする。
・一人よがりな表現や曖昧な表現ありきたりな表現になっていないか
・作品に対する目的や考え方など言葉であらわす。

担当箇所は明確に明記する
嘘をついても入社してからクビになるだけ。
イラストや素材集を使った場合、プログラム部分、サンプル集の流用の場合は、デザインのみを担当と明記する。

フィードバック
他人の目から見たチェックは貴重な意見。
ダメ出しをこわがらずさまざまな人にみてもらい感想をきかせてもらう。

面接準備
—————————————————-
面接で判断される点
・人間性
・スキル(今回の仕事に合っているか)
・働く部署や指揮命令者との相性

面接でわかることもある
“実は企業からは高く評価されるものだった”といった気づきにつながることも多々あります。

立ち振る舞い
・仕事を任されるかどうか
・自信がないと思わさせない
・堂々と話す
・隙を見せない
・明るい挨拶
・相手の目を見る
・採用側の目線で話す
・スキル(今回の仕事に合っているか)
・自信がないと思わさせない

面接で意外と見られている姿勢と清潔感
会社の看板を背負って働くのでお客様にいい印象を与える人材を企業は欲しがります。
もちろん専門職や技術職など直接お客様とやり取りをする事が無いケースもありますが大半の仕事ではお客様と接します。
面接時に背中は曲がっていないか、顔は下を向いて沈んでないか、スーツは汚れていないか、ネクタイは歪んでいないか、爪は切っているか、髪の毛は綺麗にカットされまとめられているかなど面接官は細かい所を見ています。
相手に好印象を与える為に面接に行くときは必ず姿勢を正し、
清潔感溢れる格好で臨む事が必要不可欠です。
・清潔感第一
・清潔感のある髪形
・ヒゲ、爪の手入れ
・スーツ、ネクタイのシワ
・バッグ、靴の汚れ

身だしなみ
はずさない格好をすることも一種のスキル
相手に与える影響のうち見た目などの視覚情報が55%を占める
本当にその職が欲しければ面接という場で自身という商品を美しく見せる

スーツ
自分のジャストサイズをしっかり選ぶ。
無地のベーシックなスーツ色…黒
着丈…ヒップが隠れるくらいが非本
2つボタン

就職活動での合否の差は面接官との相性でしかない
面接の場で判断されるコミュニケーション能力とは一緒に働ける仲間となれるか、情報を分かち合うことができる相手となれるかという能力です。
面接で評価が高い人は面接の場で面接官としっかりと対話する。
相手の話をよく聞き相手が関心を持ちそうな話を選んで重点的に話をする。

面接が怖い理由
面接官に何を伝えればいいのかわからないことが恐怖心になっている。
面接官の考えがわかれば伝えるべきことが見え自信につながる。
企業内容を再度よく調べ自¥分はその企業でどんな成果を上げることができるか、
採用側の目線を想像してアピールする。

準備
・派遣先の企業についてホームページを見て情報を入手
・簡単に自己紹介職務経歴を話す練習

逆面接
面接に行ったら面接官の態度もしっかり見ておいた方がいい、どんな人と一緒に働くのかはとても重要。応募者も“逆面接”するぐらいの気持ちで臨む。
環境が悪い場合はその仕事は断る。

緊張対策
・深呼吸をする
・姿勢をよくする
・緊張をいう
・逆面接
・カンペ

話し方
・相手の目を見て話す
・話をにごさない
・面接で評価が高い人は面接の場で面接官としっかりと対話する。
・相手の話をよく聞きそれに対して適格に応えられるか。
・聞かれてもないのにわざわざ不利なことを言う必要はない。

完結に話す
結論→理由→結論の順で話す。そして、簡潔にすることも忘れずに。
なぜこの会社仕事に興味を持ったのか前置きをおかずまっすぐ答える。
この会社で働きたい気持ちが伝える。
即戦力として貢献できる自己PRとうまく連動させる。
一回のチャンスで相手にキチンと自分の事を理解してもらう為に自分で自分の事を把握し理解し相手に伝える練習をしておきましょう。質問された時にしどろもどろでの返答はアウト。
シッカリと明るくハキハキと返答する事で面接官にも好印象を与えます
今までにどのような経験をしたのかまとめておく
採用されたら何をしたいのか考えておく

面接官が実際に聞いていることは以下のこと
・私たちの企業文化に適応できるか
・どのくらい知識があるか
・どのように問題に取り組むのか
・自分の考えをはっきりと言葉にできるか
・説得力のある説明ができるか
・情熱を持って自分のキャリアを選択
・面接官との会話を楽しんでいるか
・周囲の人とどのように問題を解決するのか
・きちんと人の話に耳を傾け、良い質問をすることが
・企業でリサーチをしたことがあるか
・自分の弱みを認識しているか
・ユーザー及び消費者中心に物事を考えられているか
・全体像及び詳細の両方を見ることができる人」
・一見ランダムに見える情報を関連付け、つなげることができる聡明さ。
・なぜかを知るために必要な好奇心。
・普通の人間ではないと思えること、普通の人間は存在しないという経験則
・いろいろなタイプの人とコミュニケーションを取れ、聞き手にどの情報を使って相手とコミュニケーションをとるか

職務経歴
長い説明はこちらがリクエストしてもいない曲を、カラオケで無理やり聞かされているのと同じ「自分はこういう仕事を経験してきて、得意分野はこれこれです」と要約して伝える

志望企業の魅力を具体的に書く
求人企業の採用担当者は、「私は他の会社ではなく、この会社に入りたいのです。
なぜなら〜だからです!」という熱意と納得感です。
それを見極めるのが志望動機。
志望動機には応募先の企業の魅力を盛り込むことで好印象を与えます。
それと同時にその会社を志望した動機をより具体的に明示することができます。
志望動機は自分のメリットではなく相手が読んでこの人を採りたいと思われるような内容を心がけることが大切。
会社の考え方と自分の目標がマッチしたことを伝える

志望動機を聞く理由
あなたの志望する業界や職種にはたくさの競合他社が存在しています。
それなのになぜ、自社を選んだのか。そこに明確な動機と理由がなければ、面接官は「どこでもよかったのではないか」「とりあえず応募してみただけなのだろう」と捉え、「自社にこだわりがない以上、すぐに辞めてしまうかもしれない」と考えます。
自分の経験や長所に関してその会社でしかできない活かし方をしっかりアピールしましょう。
また”できる”ということだけではなく”やりたい”という気持ちもしっかりアピールすることが大切です。
この人物の能力はわが社に生かせそうだメリットがありそうだと思われなければいけません。

求人票から企業メッセージを読み取る
企業のビジョンやミッション、応募者にどんなことを期待しているのか、職場の雰囲気や会社の特長など、企業が応募者にアピールしたいことが書かれています。
応募者に対する「アピール」から「求める人材像」を知る
ここには、その企業が持つ他社にはない強みなど、採用に際して企業が応募者に最もアピールしたいことが記されています。
またはこれからどんなビジネスを展開しようとしているのか、今回採用する人にはどんな働きを期待しているのかが書かれていることが多いので、「事業内容・募集背景」とセットで、この募集の目的とどんな人に来てほしいと考えているかを読み取りましょう。
書かれている内容は、企業のビジョンやミッション、事業の特色、職場の雰囲気、一風変わった福利厚生制度などさまざまです。
ここから、その企業が何を大切にしているかが分かります。
自分が働く上で大切にしたいことと一致する部分があるかどうかを考えることが重要です。

転職理由に立ち返る
ある人の転職理由が「今の仕事は裁量権が与えられない」ことだとします。
組織が硬直化した大手企業と、裁量も担当範囲も柔軟なベンチャー企業があったら、前者に対して志望動機に納得感を持たせるのは難しそうです。
後者に対しては筋が通った志望動機が作れるのではないでしょうか。
応募企業の志望動機が思い浮かばないという場合は、もしかしたら転職の目的がズレてしまっているのかもしれません。
「この会社は〜だから入社したい」と思える点を見つけたら、次に、「なぜそう思うのか」を掘り下げて考えてみます。
この、「なぜそう思うのか」の部分が弱いと、採用担当者は「どの会社にも同じことを書いていそう」とか「何か見本をコピペしてるのでは?」と勘繰ってしまいます。
あなたの具体的な経験に基づいていてリアリティがあると、俄然、熱意が伝わります。

自己PR
———————————————–
・担当者が雇う理由を探す
・要望スキルと自己PRをおり混ぜる
・自分の市場価値を意識してきた人ほど転職もうまくいく
・私があなたのことを雇った方がいい理由は何ですか。
・面接を受ける会社に対して自分が貢献できそうなことはすべて一覧にしておく。

フリーランスからの転職は経営者視点が評価につながる
営業や予算管理、納期、顧客管理などをすべて一人でこなしてきたことで、経営者の視点が身についている人は、企業から高く評価されることも多い。
また、実力本位の世界で磨かれた技術や能力は、転職でも強み。
どのような案件でどのようなスキルを発揮したのか、実績を具体的にアピールする。

注意
フリーランサーに対して組織の一員として働くことに慣れていないという印象を持つ企業もあることはたしか。
自己PRではそういったことも意識してコミュニケーションスキルや協調性があることも伝える。
採用する会社側がいちばん見ているのは、ポータブルスキル、職場が変わっても通用する能力の有無。交渉力、段取り力、人を巻き込んで物事を進めていく力、コミュニケーション力が高い。

必要とされる人物を演じる
有能な人を採用できるか否かで試験官自身の社内評価も変わります。
面接官が自分を雇う理由なぜやとったのか言い訳できる理由をつくる。
ユーザー数の多いインターネットサービスのコーディングをいろいろな人と業務しておりますので、比較的スムーズに作業に取り掛かることができる事
個人でも責任を持って仕事を受注しておりますのでコーディング以外にも身についたスキルが何かしらお役立て出来ればと思っております

転職理由
—————————————————————
面接での転職理由
「こんな仕事をしたい」と思った理由

やってはいけないことは前の会社の悪口
そんなことをすれば、例え以前の会社がどんなにひどい会社であったとしても、面接官はあなたのことを「不満があればすぐに辞めてしまう忍耐力のない社員」と位置づけてしまいます。
自分がしたいことができた夢ができたといったような前向きな理由にしましょう。
前向きな姿勢を大事に転職の理由は聞かれたら話す
面接時に聞かれる転職理由では正直に本音を話す必要はありません。
マイナスの理由を話してしまえば、嫌なことがあったらまた仕事を辞めてしまうのではないかと思われてしまいます。

確認する理由
・未経験であれば、どういう思いでこの職種を目指そうと思ったのか
・マイナスな退職な理由ではないか
採用しても同じ理由ですぐやめてしまうか確かめる事が狙い。
この理由はとても大切で下手なことを言ってしまうとその時点で採用を見送られてしまうこともしばしばあるほどです。

転職回数が多い人の採用の理由
いろいろな会社を見てきているので世の中のことを知っていますし、常に『自分の価値』を意識して働いている人が多い。
転職を繰り返すには、一貫性があるか、自分のスキルに自信があることが前提。
転職回数が多くても、活かせるスキルや技術を持っていない。

原因
・終身雇用制や年功序列のキャリアアップを望めないから
・今はネットでいくらでも『もっと自分にとっていい世界がある』ことを知れてしまうから
・他人と比べて損をしたくないって気持ちが強い
・残業、拘束時間の長さ
・仕事内容のミスマッチ

転職回数が多いと不利な理由
・我慢が足りない人
・人間関係に問題があるのでは
・仕事を覚えてもまたすぐに辞めてしまうと先入観を持たれてしまうそこを払拭されればいい
・いかに自分のキャリアやスキルに興味を持ってもらえるか
・転職の理由が明確
・自分の市場価値を客観的に分析
・持っているスキルを洗い出す
・応募している仕事に必要なスキルがある
・コミュニケーション能力が優れている
・今度こそ腰を据えて仕事をするという決意をみせる。
・人材が流動的なIT業界は転職回数にさほどこだわらない

挫折理由 例
先任者が建てつつづけにやめてしまい、複数の業務が強制的に自分にのしかかってきました。
WEBの仕事はとても幅広く1つのサイトだけでも大変なのに色々一人で抱え込んでしまった。
自分に向いていないのではないかと思いましたが、色々な経験し色々な、考え方を物の見方がかわって結果自分の人生の方向性が揺るぎないものにありました。
現在田舎の人でも知っている会社の新サービスを開発する部署でWEB制作として現役で頑張れています。今では問題なく乗り越えられると思っております。

面接で短所と長所の伝え方や内容のまとめ
——————————————————-
将来のキャリアプラン
話す内容も未来のビジョンを中心にしたほうがいいでしょう。
その答えは、「ビジョン」と「変化」です。
社長や役員は経営者です。
会社が長く成長を続けることを一番に考えています。
短期的な売上アップや、直近の企画提案だけではなく、長期的に会社に貢献できる人に入社してほしいのです。あなたがそういう人材かどうかを見極めるために、「ビジョン」と「変化」について話を進めてきます。
ビジョンは、10年後の自分を語れるかどうか
0年後にどんな働き方をしていたいか、10年後に何を実現したいか、といった投げかけをされるでしょう。その問いに、「これが正解!」という模範解答はありません。
自分の10年後をどれだけ具体的にイメージして語れるかが評価のポイントです。
結果的に10年働き続けたとしても、意思なく行き当たりばったりで貢献度が低いのではないか」という残念な評価が下ってしまいます。

変化に対応できるか
キャリア観や価値観の一致は、長く働く上では仕事内容や年収などの待遇以上に大切なことではないでしょうか。
質問して答えてという“一問一答”をするよりも、10年後のビジネスや成し遂げたいことを存分に語って、ビジネスパーソンとしての深みや奥行きを印象づけましょう。

特定の仕事やポジションにしがみつかない
今のご時世、企業も事業も変化のスピードがますます速まり、変化に対して柔軟に対応できなければ、企業や事業そのものが存続できなくなります。
社長や役員という経営層としては、新たに迎える社員が変化に対応できる人材かどうかがその鍵になると考えます。
「この人は、まったく違う事業領域を担当することになっても対応できるか?」
「この人は、ゆくゆく管理職になったら、大所帯をマネジメントしていけるか?」
「この人は、自分が変化に対応するだけでなく、周りを引っ張っていけるか?」
あなたは、応募している部門や職種で着実に成果を挙げることを想定して、例えば、「この○○職にこだわって、スペシャリストとして究めたいです」などとアピールしたつもりでも、変化を嫌って特定の部門や仕事にしがみつくような言動に取られないように気を配りましょう。

入社後にやりたいことはありますか
最初は任された仕事はなんでもやりたいと前のめりな姿勢を見せる方が良い。
全力で打ち込めるステージを最大限に挑戦していきたい
個人として力をつけて会社に還元できるようになる。
その時代ごとに重要がある人間になりたい
結果に結びつくプロダクト

あなたは他にも応募しましたか
これはあなたが他にも需要があることをほのめかす良い方法です。
この質問には正直に、他の会社について話してくださいただし詳しく語る必要はありません。

複数応募していることを伝えても大丈夫?
すべてを洗いざらい話す必要はありませんが、嘘をついてはいけません。
正直に「複数の企業に応募している」と伝えましょう。
企求職者の多くが複数応募で転職活動を進めていることも、そして転職があなたにとって重大な決断であることも、企業はよく理解しています。

企業が他社の選考状況を確認する理由
業界や職種への関心・理解度、あなたの仕事探しの傾向を把握したい本当に入社してもらえるのか、志望度の高さを知りたい
例えば、「○○の分野、○○に関わる仕事の求人を中心に応募しています」「現在は3社の選考が進んでおり、いずれも一次面接の結果待ちです」といったように、あなたの希望の傾向と、選考の進捗状況が分かるように答える。
あなたが前向きに入社を検討していることと、企業のどこに魅力を感じて入社を希望するのかを明確に伝える。

質問はありますか
これは直接あなたが会社を調べたことに関連していて、あなたがどれだけ熱心で、そして用意ができているかを示すチャンスです。
どんな仕事をするか尋ねる

NG理由
———————————————–
一次面接のNG理由
・質問の意図と違うことを話す
・応募企業のことを調べていない、理解が浅い
・どうしても入社したいという熱意を感じない
・話が長い
・ネガティブな転職理由
・目を見ずに話す、声が小さい、笑顔がない

二次面接のNG理由
配属現場の担当者、入社後に上司や同僚になるであろう立場の人が面接官になります。
二次面接(配属現場)では、経験、スキル、強みなど、業務に直結したポイントが見られています
部署のメンバーとチームワークを発揮してめきめきと成果を出してくれるイメージが湧かなければ、自分の部署に迎え入れようとは思わない。
・どうしても入社したいという熱意を感じない
・経験やスキルが即戦力として活かせない
・質問の意図と違うことを話す
・強みやアピールポイントが曖昧
・業務のパフォーマンス、チームワーク、リーダーシップ

最終面接のNG理由
「どうしてもこの会社に入りたい」という熱意、
「ずっとこの会社でやっていく」という覚悟が面接官に伝わるとぐっと入社に近づきます。
「この企業の理念に共感・共鳴できますか?」というロマンであり、同時に 「あなたは人件費に見合う人材ですか?」という経営者としてのシビアなコスト感です。
・質問の意図と違うことを話す
・どうしても入社したいという熱意を感じない
・中長期的なキャリアプランがない
・長く働いてくれるか
・長期的なキャリアビジョン、企業理念への共鳴
・3~5年のスパン少なくとも10年

結果
———————————————–
落とされて当たり前
Web業界で未経験者の転職はなかなか採用されず苦戦する。
面接は悪くなかったという人は、会社の雰囲気に自分が合う人柄ではなかったのか、今回求めていた人材とは合わなかったというだけかもしれません。
落ち込まず、自分に落ち度がなかったか反省点を振り返る。

断られたら次
断られるには原因があるはず。
スキルが足りなかったか仕事内容とスキルが合わなかったか。
次の候補を探して面接の予定を入れたり、今後の面接の対策をたてる。

理想の条件に囚われないように注意する。
第1志望のA社でまだ面接が終わっていないのに、第2志望のB社から先に内定をもらうこともあります。
条件に完璧を求めず、現実的に考えることが大切です。
理想の条件とは違っても、納得できるようなら受け入れるのも手。
まだ他に完璧な条件があるはずと考えるのはやめましょう。
すべての内定を同時に比較できないため自分にとって絶対に譲れない最低条件を決めておく。

派遣社員について
———————————————–
派遣労働者を就業させる理由
・欠員補充等必要な人員を迅速に確保できるため(70.7%)
・一時的季節的な業務量の変動に対処するため(35.1%)
企業は、一定数の正社員を確保したらあとはアルバイトやパートで人員を賄って人件費を削減したいと考えます。
しかしアルバイトやパートでは長時間働いてもらいにくかったり、企業が望む曜日や時間に働いてくれる人がいないなどのデメリットが生じてしまいます。
派遣会社と契約をすることで、正社員のような高額な経費をかけずに、アルバイトやパートとは違う長時間の勤務というのが可能となります。

派遣社員のメリット
・絶対に入社できそうにない大企業に行ける
・自分の希望する仕事、キャリアを生かせる仕事をすることができる
・フリーランスとの掛け持ちができる
・大きな仕事を経験できたりいろんな人と知り合える

出世とは無関係なので責任が重くない
地位が上がれば上がるだけ責任は重くなり、何かあれば自分でその責任とらなくてはならなくなるでしょう。
高い地位になればなるほどその責任は確実に増していきます。
もちろん、それを仕事のやりがいと感じる人もいるでしょうが、「自分はそんな重い責任を負う仕事はしたくない」と考えている人も少なくないでしょう。

派遣社員のデメリット
・社会的地位
・正社員より立場が弱い
・正社員と同じ仕事をしてもボーナスは出ないし給料面では歴然とした差がある
・提案を言える立場にない
・もっといろんな仕事がしたいがつい自分でセーブしてしまう

常に立場が不安定
現行の法律では、同一の派遣先が派遣社員を3年以上継続雇用すれば、派遣先で直接雇用するか派遣会社が無期限で雇用しなければなりません。
いくら成果をあげても3年経てば切られてしまうという不安定さを常に感じながら仕事をすることになってしまいます。また、派遣社員は3ヶ月ごとに派遣先との契約更新があります。

転職の度に1からやり直し
転職の度にもちろん経験が豊かになったり、新しいことを覚えて吸収するチャンスなので、新なスキルが身につけるられるということは派遣社員として働くことのメリットとも言えます。
しかし新しい環境というのは、誰にとっても精神的な負担が増してしまうものです。
同じ職場ではないということは、仕事のやり方も変わってくるということです。
もちろん、同じ職種で転職をすれば、まったくの無駄になるということはありません。がいくら同じ職種でも、まったく同じという訳にはいきません。
そういった違いを認識して覚えなおし、仕事のやり方を変えるというのはやはりとても労力の要ることです。

派遣社員には即戦力が求められる
実績や資格のある有能な人材であれば好待遇で迎えてもらえるうえに引く手もあまたでしょう。
しかし、突出した能力もなければなかなか厳しい実力勝負の世界なのです。
未経験者歓迎として募集している企業があったとしても、フタを開けてみれば経験者ばかりが派遣されていくなんてこともザラ。

深い作業はできない
派遣社員はせっかく育てても契約期限を満たせば去ってしまう身。
したがって指導が必要になるような複雑な業務を教えてもらえず、簡単な業務だけしか任せてもらえないということもあるのです。

派遣で35歳を過ぎても働くには
・派遣先で中途採用の選考をしているのですが年齢から見る。
・それなりに経験を積んでいる人を求める企業もあるのでまだ30代後半だとニーズもある
・35歳以降の仕事探しではマネジメント経験が必要。

出世したり給料がアップがない
正社員になることを希望して派遣社員として契約したとしても、当然ですが正社員になれるかどうかは会社側に決定権があります。
また、待遇もよく何年も派遣社員として契約を更新したからといって、次も契約をもらえるとは限りません。
派遣社員というのは働く側にとっては正社員よりも簡単に雇われることも出来て、簡単に辞めることが出来ます。これは雇う側にとっても同じで、良くも悪くも雇用も契約解除も簡単なのです。
もちろん派遣社員として働くことは様々なメリットもありますから、一概に悪いことだという訳ではありません。しかし、もし仕事をする上で給料のアップや出世を考えているのであれば、派遣社員ではなく正社員を目指すことが近道です。

金銭的価格差

時間に余裕がない
40を過ぎると、両親や家族の問題も加わり、じっくりと就職活動する時間的余裕も、スキルや資格取得に費やす時間も金銭的余裕も制限される。

いい人間関係を構築するのが難しい
基本的には派遣社員は「よそ者」。
チームの一員として扱ってもらえないこともあり、いい人間関係を築きづらい。
同じ境遇の派遣社員が職場に多ければいいのですが、自分だけだと孤立感に苦しめられてしまうことにもなりかねません。
自分も輪の中に入りたいと望むのならつらい思いをすることになるでしょう。
このように正社員との格差を突き付けられると、当然ながら両者の溝も深まってしまうもの。
業務上やっていることは変わらなくても「あの人は正社員だから」「あの人は派遣社員だから」と常に意識せざるを得ず、お互いに馴染むことが難しい。

派遣先の上司や派遣会社の営業に相談
派遣スタッフとして自分にあう職場を見つけそこで仕事をがんばって正社員にならないかと言われるのが理想です。
もし正社員への転換を考えているのであれば派遣会社の営業や派遣先の上司に、紹介予定派遣でないにしても正社員への転換余地がありそうな職場か聞いたり可能な範囲で派遣先に働きかけてもらえないか打診してみましょう。

正社員化
派遣スタッフは様々な職場を経験しています。
相性のいい職場や人間関係を見抜く判断力は高い。

新卒採用の4つの目的
・人員構造の最適化(若手労働力の確保)
・将来のリーダー・コア人材の獲得
・組織活性化
・企業文化の継承

エージェントサービス
———————————————
自然体で“本音”を伝える
転職エージェントとの面談は、選考に影響するようなことはありません。
基本的なマナーをふまえておけば大丈夫です。
転職エージェントが面談でお聞きしたいのは、皆さんの本音。
皆さんが本音を奥底に留めてしまったままでは、皆さんがどんな企業や仕事に適しているのかという判断が難しくなり、結果としてミスマッチにつながってしまいかねないからです。
変に構えたり緊張したりすることなく、自然体で臨み、現職場での悩みごとや転職への想い、不安に感じていること、将来どうありたいかなど、皆さん自身のお言葉で何なりと伝える。

エージェントチェック
・キャリアの方向性をすり合わせするところから始めるてくれるか
・何よりも自身の悩みを聞いてくれるか
・自身の経歴書の不備を指摘してくれるか
・自身の経歴の価値を主観的だけでなく客観的に把握&コンサルしてくれるか
・履歴を改変する
・内定が出た時に、理由もなくゴリ押しをしてこないか
・連絡をマメにしてくれるか
・転職エージェントの言うことは全て鵜呑みにしない

エージェント複数利用は悪いことではない
転職者は一人当たり平均で『2社』利用することによって、各エージェントの強みを生かすことができます。
複数使うと転職エージェントから色んな角度でアドバイスと情報を受けれる
複数利用する必要はないが『2社まででしたらOK』

複数利用する際の注意点
.複数利用していることを絶対に隠しちゃダメ
.報連相を徹底しよう
.得られる情報量を処理できずパンクしてしまう。
.エージェントに『悪い印象』を与える

転職エージェントの立場になって考える
3〜5社も利用している転職希望者が『相談に乗ってほしい!』と面談に来たらどう思いますか
『うちの求人を紹介しても入社しない可能性高い』=『ノルマを達成できない可能性高い』という方程式ができます。その瞬間に見放されます。
複数利用していることも伝えていいですが『2社までしか利用していない』と伝えましょう

職成功を目指すパートナーとして考える
転職エージェントが皆さんに真摯に向き合うことと同じく、転職成功を目指すパートナーとして考え、相手を尊重し、ビジネスマナーに沿った対応も必要です。
そうした尊重しあう姿勢が、お互いの信頼を厚くし、転職成功への力強い歩みに結びついていく

転職エージェントには『報連相』を徹底する
企業から内定をもらえるスピードが早まる。
エージェントにも『ノルマ』があります。早く連絡をくれる転職者には、早く返信を返し、早く企業とも連携を取れば、『早く入社してくれる可能性』『早くノルマを達成できる可能性』があります。

皆さんからの率直なお言葉を投げかけていただく
なぜこの企業には応募したくないのか」という理由を掘り下げ
転職先に求める希望や条件の優先順位をより明確に整理でき、マッチングの精度を高めていくことにつなげることができる
提案した案件について少しでも気になることがあればぜひ遠慮なく率直に伝え
年収を上げたい、キャリアアップを図りたい、スキルを生かして新たな分野にチャレンジしたいなど、前向きな意欲はどんどんお伝えください。

↑top