ITクリエーター35歳定年説

2017/08/06

はじめに

何歳になっても可能性があるといわれると言われるが
たしかに誰でも0.001%くらいは可能性がある。
だが冷静に若い頃とは同じようにいかない場面が増えてくる。

自分の衰えを認める
もちろん経験や知識など年齢を重ねてきたからこそ長けている分野もあるが、
体力、集中力、吸収力、新しい技術へのアンテナは若い人には敵いません。

どこかで自分だけは例外だと思っている
強み・弱みも含めて自分を客観視できないと、自分がどこで必要とされているのか、どこで勝負していくべきか、今後の立ち位置を正しく判断できない。

年をとる事を前向きにとらえる
今40歳ならサッカーなら前半戦が終わって後半戦が始まったばかり。
勝つためにはまだまだ攻めなければなりません。
残された時間の中で何をすべきか、どう達成すべきか、長期的・短期的な目標を持って仕事に臨む。

失う物より得ている事のほうを意識する
私たちは歳とともに若さを失って気に病む人は多いが引き算の答えしか見てない。
何かを失い続けていると思ったらその代わりに何かを得ているか考えてみる。

伸びしろチェック
・もうよりまだ40代と思う気持ちのほうが強い
・具体的な目標がある
・ここ1~2年で新たに身についたスキル広がった人脈がある
・休日はやりたいことが多くて時間が足りない
・周囲から元気ですね、若いですねと言われる
・初対面にも自分が何者なのか売り込めれる
・10歳以上年の離れた友人がいる

加齢に対する不安
・物事によっては“年齢制限”なる壁が立ちはだかる。結婚、就職
・体力の衰え
・健康への問題
・未来への不安

歳を重ねた人の武器
若い人のは持っていないない貴重な“経験”を重ねている。

なぜ落ち込むのか
→若者と張り合っているから

どうすればいいか
若い自分の欲の射程内を有り余る体力を使って全力で走り続け楽しんでいる。
歳を重ねてからは培ってきた経験を活かす。

現実を受け入れることで人生への焦りや不安から解放する
年齢による衰えを実感するのは誰にとってもつらいもの。
いつまでも若さや理想にこだわっていると、年を重ねるほど自分に対して否定的な気持ちが生まれてしまいます。
可能性を求めてあらゆることを頑張る時期も必要ですが、自分という人間がだいたいわかってきたら、等身大の自己を受け入れることも大切。背伸びせず、飾りすぎずに生きていこうと決めると、人生を楽しむ余裕が生まれてくる。
あるもの、ないもの、失いゆくもの、それらを受け入れられるようになっていく。

年を重ねることをネガティブに考えがち
そもそも世間体さえ考えなければ何も怖がることも無い
自分を肯定しきることさえ出来れば何も怖がることは無い

経験したことが増えるので未知の不安が消える
若いうちは未経験のことが多く20代、30代のころは、人生における選択肢が豊富にあるため、いろいろ迷いさまざまな不安があります。
さまざまな経験を重ねた脳には、「社会的シナリオ」がたくさん蓄積され、問題があったときに、適切な解決策を出せるようになってくる。

自分のことがわかってくるので判断が早い
望んでいる暮らしはどんなものなのか、どんなふうに生きていきたいのか、ということ悩みながら選択を続けて来たことが自己の確立に繋がり、判断するための基準が明確になってきます。余分なものがはっきりできる。

体力
歳を重ねてくると若い頃に比べて体力の低下を感じる。
しかし、同時に経験によって予知力が付くので無駄な事をしなくなり若い頃と同じ体力を必要としなくもなる。
なので体力を言い訳にする時は、自分の経験を活かさなかったという事。

時間
無駄だと感じる無謀な夢を捨てることが出来る。
手の届きそうな夢に全力を傾けることが可能になる。
時間が有限であると悟ると優先することがはっきりしてくる
よって無駄な事をしなくなる

給料

40代男性の年収
全体的には40代前半だと442万~657万程度、40代後半は733万程度が平均。
40代では役職についている人も多くなり安定した平均年収になる。

お金はあっても時間がないは致命的
お金があっても時間がないは楽しい経験ができない。
お金と時間を作りさらに新しいことに挑戦する。

品質

単なる中古車になるかクラシックカーになるか
同じように生まれて歳をとっていくのにボロ車のようになっていく人と思わず見とれてしまうような人間がいる。
天地の差が出てくるのはこだわり、天塩をかけてじっくりと作られているから。
クラシックカーになれるのかは生き方の選択にかかっている

時代の変化を無視はしないが追随をしない
匠と呼ばれる職人さんの特徴は時代の変化にやたらに追随しない。
世の中の流行を注意しつつも時々立ち止まってこれでいいのか本質を外れていないのか自問自答し頑固に本物を目指す。
無闇に流行を追いかける事は決してかっこいいことでなくむしろ恥ずかしいこと。
流行をいち早くとらえたと言う点で初期の人だけがかっこいいと言う評価が与えられる。

振る舞い方

10年差し引いた年齢のつもりで生きてみる

好奇心にフタをしない
何かに興味を持っても年齢を理由に「もういいや」と諦めてしまうのが良くない。自分の好奇心にフタをしてしまうと、気持ちが老け込みぐっと「おじさん化」が進む。

体調管理ができる
35歳を過ぎるともう20代前半のような体力はありません。
若い頃は徹夜も平気だったのにいまでは1週間以上不調をひきずる。
それによって仕事の品質も落ちてしまうなら結局無理をした意味はない。

学び続けられる
多くの人は、年齢を重ねるほど新しいことを始めたり勉強したりするのが面倒になってきます。新しい技術も優秀な若い人たちもどんどん台頭してくるなか、「今わかること・できること」だけで今後も第一線の技術者としてい続けるのは難しい。これまで蓄積してきた知識や経験はすばらしい財産で強み。
それをもとに自分と言う商品をアップデートしていく。

若い人から学べる
新しい技術や分野における経験や知識また吸収力というのは若いエンジニアたちに敵わない。そんなとき若いエンジニアに質問や相談をできるかがとても重要。
実際には余計なプライドが邪魔をして若者に教えを乞うということができていない人はたくさんいる。そして、年齢を重ねても技術に貪欲で好奇心旺盛な人ほど変なプライドを持たず自分が知らない知識を若者が持っているのだから質問して教えてもらうのはおかしいことではないと考えている人が多い。

世代が異なる人との繋がり方
デキる40代は、年下であれ年上であれ、いいと思う部分があればリスペクトする。これまではこうやってきたという変なプライドは無駄なだけ。
柔軟性を持った考え方をする

脱・年功序列「フラットな関係」を構築する
おじさんに多いのは、「役職が上だから」「年上だから」と横柄な態度になり、ちょっとした挨拶すら怠ってしまう。
そうした行動が習慣化してしまった人は、きちんと挨拶をする人に比べて、感情の振れ幅が少なく、鈍感になりやすい特徴がある。
若い人と対等に接し、その人の輝ける場が別にあるなら自然と社内外から慕われご自身が望まれなくても出世します。

見せ方見られ方の意識が低いと「おじさん化」しやすい。
日本は、『奥ゆかしさ』『控えめ』が美徳とされるが中身が大事だけだと「おじさん化」しやすい。
中身を大事にというのは、外見はどうでもいいということではない。
外見と中身は切り分けず、今見えている姿を自分自身だと考える。
自分の外見を気遣えない人は、ビジネスでも気を遣えるはずがないと判断される。

40代男性は見た目に明らかな違いが出てくる。
頭髪や身長に関しては、自分ではどうにもならない部分もありますが、
若い男性と絶対的に差がついてしまう。
服装と髪型、体型管理、アンチエイジングに気を配る。
これらを意識することで、女性からの印象は各段に良くなる。

定期的に他人目線で、自分をメンテナンスする
清潔感も同様若いうちは多少清潔感に欠けていても「ワイルドさ」を演出できたかもしれないが、同じことをおじさんがやっても、ただの不潔になるだけ。
年齢やポジションによって、以前と同じことをしても違うふうに捉えられてしまう。

異性のパートナーとの関係をもつ
カップル文化の良さは、女性に恥を欠かせないように、男性が身なりに気をつける。例えば、髪の毛ひとつでも、寝癖がないか、フケが落ちていないか、臭わないか、細かくチェックしてくれる。
常に隣の女性の意見にきちんと耳を傾けて自分を改善している。
さらに愛し愛される人が身近にいるというのは『男の自信』にもつながる。

老ける行動
・新しくやりたいことがない
・行動範囲が変わっていない
・昔を振り返る機会がない
・自分の居場所がない
・たるんでくる体
・加齢臭
・歯の黄ばみ
・ドブみたいな口臭
・服がカジュアルすぎる

働き方

何事でも余裕のある方が強い
いつでも転職できるを武器として持つことで心に余裕ができる。

異なる3つのジャンルを掛け合わせてキャリアの三角形を築く
いわゆるゼネラリスト的要素を兼ね備えたエキスパートのポジションこそ会社の特権

自信があると言うジャンルを1つや2つもつ

1にも2にも自分を磨くしかない
一生懸命自分を磨いて会社に貢献できる実力を身に付ける。
そうすればリストラの心配もなくなるし、定年の時期が来ても会社から必要とされる。おやじがダメなのは若い時から自分に金をかけていないから。習い事とか趣味とか資格とか自分磨きに積極に金を使う。

資格について
普通の資格はないよりあったほうが少しは有利程度のもの。
資格取得は役に立つではなく好きな道を選ぶ。

若者に刺激を受けてアップデートする
40代半ばになってくると若い頃のように周りから失敗を指摘されることもなく違うと言う意見すら言われなくなる。
自ら若い人と付き合い教えてもらうことで自分をアップデートし続ける必要が出てくる。

何でも遊びにして楽しんでしまう
仕事遊び生きること遊び。
いつでも遊んでいられる人になりたい。

いい人と呼ばれないようにする
いい人はいい人である以外に生きる道がない。そんなところは利用されやすい。
女には本命の彼がちゃんといて飯とか辿ってくれるミツグ君、アッシー君。今の日本は国を挙げていい人扱いされているようなもの。
国際的な大問題からはいつも外され、金が必要な時だけせがまれしかも尊敬されず。
ごめんなさいを言われされ続けている。要するに舐められている。

↑top