ビジネススキル

2016/04/10

せっかくだから楽しむ
————————————————
面白くなければもったいない
人生の6割の時間は仕事で拘束される。
その時間が楽しくなると人生は劇的にかわる。
仕事が楽しくなるにはどうすればよいか工夫する。

 

別の楽しみを見つける
・出合える楽しみ
・認められる楽しみ
・教わる楽しみ
・教える楽しみ
・仲間がいる楽しみ
・感謝される楽しみ

 

自己アピール
—————————————————-
見た目を変える
技術を磨くのは時間がかかります。
でも洋服を変ええたり身なりを整えたり行動を変えたりするだけで、
自分のことを知らない人にはすごい人に見えます。
昨日と同じなのに稼ぎも一瞬で10倍近くに大変身です。

 

効果的な自己アピール
ラーメン屋さんも行列ができている店のほうが美味しそうに見えるのと同じ

 

相手の求めていることをアピールする
あなたがいくらイケメンでも
ぽっちゃり体型が好きな女性にはいくら自分をアピールしたってされる側にとっては迷惑。
相手はどんなことを求めているのかということに意識を向けてみると、効果的な自己アピールができるようになる。
この人は何に困っているのか。
この人はどんなことに喜びを感じるのか。
この人は何をしたいと思っているのか。
この人はどんなものが好きなのか。

 

何でも屋には仕事は来ない時代
中華もイタリアンもフレンチもできる寿司職人の店よりも、
ちゃんとした寿司職人の店で料理を食べたいと思うものです。
自分が何者か、ブログやSNSで常に専門家を演出する。
逆になんでも屋でしか出来ないものもアピール出来る。

 

話し方
———————————————
話方で評価される
人間の能力は何気ない会話で評価されている。
軽くあつかわれる人はふだんの会話のせいで愚かだと思われているのかもしれない。
そして大事な仕事を任せられないと判断されている。

 

謙虚さが不可欠
欲や能力を強くアピールしすぎると生意気と思われることも。
やる気をアピールした上で謙虚な姿勢で教えを請えば先輩たちも気持ちよくなり教えてあげたい気分になります。

 

結論から話す
結論から話した方が単純でわかりやすい。
聞く側も最初に結論を持ってこず長々と話をされると、
この人は何を言いたいのだろう?となってしまう。

 

伝えたいことを絞る
あれもこれもと次から次へ話題を移すと、
ひとつの内容が薄くなり結果的に何も伝わりません。
色々と言いたい事を抑えてひとつに絞る。

 

要約力不足
前置きが長かったり後からの付け足しが多かったりで言い訳がましい。
自分を守る意識自己弁護が多く働いているから。
話の途中で追加追加で話を膨らませない。

 

相手の立場に立って考える

仕事ができない人に共通してみられるのは自分目線が強すぎて、
上司や先輩取引先など相手側に立って考えられないことが主な原因。
相手側の視点に立って物事を考えられれば自分を客観的に見る視点も身に付くようになりだいたいの仕事はスムーズに進む。

 

人とうまくいかないのはレベルが違いすぎるため
力量の差がありすぎる人とは対等な関係がもてない。
こちらからも返すものがあってギブ&テイクが成立しないとその関係は成立しない。
まずは自分を良く知り相手によって対等につき合える土俵に上がる。

 

派閥について
自分に自信があれば派閥の必要はありません。
出るくいを打つ→出すぎたくいは打たれないということ。
ほおっておく。

 

主体性
いつも何でもいいよと言ってしまう人は主体性がない
恋人とのデートでは本当は行きたいところがあるのだけどいつもどこでもいいよ。
考えるのは面倒だし自分が意見を言っても通るとは限らない。
だったら全部誰かに決めてもらった方が楽だという心理。

 

自分の意見を持つ
考えないのは知らず知らずのうちに身についてしまった習慣。
それを直すには身近なことから意識して考え自分の意見を持つこと。
例えばテレビを見ているとき「ふ~ん」と見るのではなく

 

自分だったらこう思うとういう考えを持つ。
自分の意見を持てるようになったらあとは人に伝えるだけ。
人の意見にはまったく耳を傾ないなんて人もいるかもしれません。
そういう人ばかりと話をしていると「やっぱり私の意見なんて誰も聞いてくれない」と自信を失ってしまいます。
そんな友達に自分の想いを伝えてみる。
そうゆうちょっとしたことを続けているうちに、いつのまにか自分で考え行動する力が身につきます。

 

嫌われることを怖がらない
主体性を持つということはつまり人のいいなりになるのをやめるということ。
人のいいなりになるのをやめるには人に嫌われることを恐れない勇気を持つことが必要。
主体性のない人はたいてい優しいけれどその反面頼りない印象を持たれます。
相手の意見をそのまま受け入れるのですから無理もありません。
主体性を持つことは自分の意見をしっかり持つということでもある。
その意見が人と合わなかったときには議論になることもあるでしょう。
でもその行動には意味があります。
議論しないと答えが見出せないことは世の中に山ほどあります。
衝突を不用意に恐れすぎないことが主体性を持つための近道になる。

 

ビジネスマナー
———————————————————-
相手に敬意を払い円滑に仕事をすすめるうえで重要

 

飲み会の翌日の朝お礼を言う
・お礼を言うのと、言わないのでは、全然違う
・飲み代を上司が支払った場合は言うのが当たり前
・そのほうがお互い気持ちがいいし印象がいい。

 

接待
・目上の人に瓶ビールを注ぐときは、片手で注がない
・目上の人からお酌をされるときは、グラスに両手を添える
・目上の人が食べはじめるまで料理に手を付けない
・目上の人のグラスが空いたらすぐにお酌をするか、「次は何にしますか?」などと聞く
・目上の人に瓶ビールを注ぐときは、ラベルを上にする
・目上の人に料理を取り分ける
・ビールを注いでもらうときは、まずグラスを空にする(飲み干す)
・乾杯のときは、目上の人よりグラスを下にする

 

質問術
—————————————————
先輩は忙しい
質問は単刀直入切り出す。
質問の仕方も質問のポイントを絞って聞く。
本やネットで調べて「○○は××のように進めればよいですか?」
先輩や上司が「YES/NO」で簡潔に回答できる
質問前に「今、お時間大丈夫ですか?」と断る。
質問後に「ありがとうございます。勉強になりました」
とお礼を述べることも印象を左右する大きなポイント。

 

質問ありますか
何か質問はと聞かれて無反応な人は話を聞いていなかったか、
何も考えていないかということになります。
質問した方も手を挙げてくれる人がいるほうが嬉しい。
何もないと思っても頭をフル回転させてひめり出しましょう。
上司とコミュニケションがとれる。
質問のメリットは、それを通して先輩や上司とコミュニケーションできること、新人に最も大事なのは何より恐れずにどんどん質問する。

煮詰まったら聞く
仕事で行き詰まったとき1人で考えてもなかなか進まないということはよくあります。
そんなときは、周囲の人に聞くようにましょう。
多くの人は教えることが好きなので、聞かれれば喜んで教えてくれます。
ただし、わざわざ「教えてあげようか」と言ってくれる人はいません。自分から聞きに行くという姿勢は忘れない。

 

わからないことがあってもききずらい
わからないことがあっても、上司や先輩に聞くのは申し訳ない。

忙しそうな先輩たちに原稿読みを見てくれるように頼むなどというのは畏れ多い。

自分のために時間を割いてもらうだなんて、とんでもないと思っていました。

でも、結局のところ、それは自分に都合のいい“言い訳”。

こんなこともできないのかと思われるのが嫌で、「教えてください」の一言が言えず、分からないことがあっても、「明日聞こう」と先延ばししていた気がします。

面倒くさい新人だと思われたくない。

恥ずかしい思いをしたくない。

そんな変なプライドも、あったかもしれません。

先輩は、後輩に聞かれるのも嬉しいときだってある

 

自分の意見をきちんと形成してから質問する
人に聞くことは大切です。
とはいえ、何も考えずに質問したり、同じような質問ばかりしていると「考えていない奴」と嫌われたり「前にも言ったでしょ」と呆れられたりします。
具体的には「私はこれについて◯◯だと思うんですが、
もっと上手なやり方はありますか?」とか「今、◯◯のところで煮詰まっています。
何かいい方法はないでしょうか?
など、最低限の自分の意見を持ってから質問する。
おそらく、聞かれた側が一番イラッとするのが「どうすればいいかわかりません。
教えてください。という丸投げの質問。

 

報告
内容の大小にかかわらずきちんと報告し続けることで『何も言わなくても報告してくれる』と上司はその部下に安心感を抱きます。
そしてそこから信頼が生まれます。
すぐに結果が出ることではありませんが小さな努力を積み重ねることで、きっと揺るぎない評価につながるでしょう。

 

連絡
連絡で、自分は何をしているのか、何を考えているのかを相手に知ってもらえます。
例え、些細なことでも、連絡をするという行為で、行為が好意に生まれ変わったりします。
親しくなる手段の一つとしてこまめに連絡をとるとよいとも言えます。

 

折り返し電話やメールの返信は必ずする
打ち合わせや外出が続くとなかなか折り返す時間が取れないこともあるもの。
それでついうっかり忘れてはダメ
相手は用事があるから連絡してきているので、適切な期間内に必ずレスポンスをしましょう。
また、レスポンスのない、遅い人はルーズな人と思われがちです。
そうなると自分の会社の評判も落としかねないので気をつける。

 

納期を守る
守らないと催促の連絡をさせてしまうなど相手の時間を奪ってしまいます。
そしてやっぱりルーズな人と思われますしもし度々ある仕事ならその担当者から「あの人、遅れるんだよね。催促が面倒だな」などと内心思われちゃうわけです。
それでもどうしても遅れそうだなというときは事前に連絡するようにしています。
ここをきちんとしておけば信頼できない人にならなくて済む。

 

語学力
・英語が話せるようになりたい
・海外で仕事したいから
・いろいろな分野での知識を得るためには不可欠
・報告書作成で必要な英単語がわからない
・あれば有利だと思う

 

いい人にならない
ダメなのは他人との摩擦を恐れて自己主張しないから。
独自の意見・主張・提案を示せば「理解できない」「頭がおかしい」「どうせすぐダメになるさ」と非難される。
摩擦をおこなさない「いい人」は様々な場面で、ただの傍観者であり追随者でしかないことに気づく。
できる人は、人と意見がぶつかること、周囲の反対に遭うことを恐れず、あるいは回避しながら自分の思い通りにコトを運ぶ。

 

ミス
—————————————————-
失敗したら誠実な対応が一番
失敗をしてしまった時には言い訳などせずに誠実に謝ろうと考える。
そう決心すればどうしよう?などともうあせらずにすむ。
また言い訳せずに潔く謝ったほうが印象もよい。
言い訳しようとする姿勢に腹が立つという人もけっこういます。
まず「ミスや失敗は誰にでもあること」「やってしまったことはしかたがない」と現実を受け入れる。

 

失敗したら原因を解明しステップアップする
ミスや失敗はしてしまったそのあとがいちばん大事です
失敗したら素直に反省し原因を解明することでステップアップにつなげる

 

怒ってくれる存在はとっても貴重
その人がどうなろうと知ったこっちゃない。
これが大部分の人の本音のハズ。
でもそんな中であなたを怒ってくれる人がいる。
体力と精神力と時間を使って、わざわざ、「悪役」を演じてあなたに怒ってくれるって言うのはとっても貴重な存在。
たとえ相手がどうであれ、怒ってくれた事で、あなたには自分の欠点を見直すチャンス。

 

仕事で失敗ばかりする人の特徴

失敗ばかりを繰り返す新人は失敗を甘く見ている可能性があります。
失敗してもあまり気にせず、ぼんやりしている人はまた失敗します。
話を聞く態度で、失敗を繰り返す新人かどうかは一目瞭然です。
ついうっかりなタイプの失敗が多い
通常であれば任された仕事が発生した時点で、完遂するまでその責任を負うということを意識して作業をしていくようになるものなのですが、こうした意識が欠如してしまっていることで「適当にこなしても何とかなるだろう」と思い、実際に周囲のフォローで何とかなってきてしまったことで責任感が弱くなってしまったのです。
最初に持つはずの「ミスをしないようにしよう」という気持ちがありません。
スピード重視で仕事が雑
任された仕事をスピーディーにこなすことこそが一番だと考えるタイプに多いのが、見直しをしないことで起こるミスの多さです。
いくら素早い仕事ができても正確性がかなり低いため、結局は見直し作業をしなくてはならなかったり、そうした作業を周りの人が押し付けられたりします。
基本的に面倒くさがりで、仕事をする前とした後の確認をするのが手間だと感じてしまうのです。
元の性格がそういった感じなのでいくら注意されても改めることが少ない
普段の仕事ぶりを見なおしてみましょう
仕事に慣れが生じてくるとその慣れが失敗につながるケースがよくあります。
慣れた作業だからと確認を怠ったり自分なりの作業の進め方で仕事をしたりしていませんか?

失敗をしないためにはまず基本的な部分をきちんとしておかなければいけないと認識する必要があるのです。
分かっているからと何となく仕事を始めるのではなく1日のスケジュールをきちんと立てて優先順位を付けましょう。

好きな事をして気分をかえる
例えば自分の趣味に没頭してみたり、スポーツをして体を動かしたり、旅行をするなどすると仕事の失敗なんて忘れるくらいリフレッシュすることが出来ます。
他には普段は我慢しているスイーツを食べたり、お酒を飲んだりというのも一つの手です。
さらに気の置けない仲間たちとワイワイ遊んだりというのもオススメ。
友達や知り合いに愚痴を言う
仕事の失敗といっても自分が原因になっているものではなく他に色々な要因が重なりミスが出てしまうなんてこともありますよね。
そんな時は、友達や恋人知り合いなど気の置けない仲間たちに仕事の愚痴を聞いてもらいましょう。人は困っている事を抱えているとき、誰かに話すだけで気が楽になるものです。

 

どんな部下が嫌か
・自分勝手な行動をとる部下
・指示したことしかやらない部下
確かに指示に逆らったり自分の判断で先走ったりと何をするかわからない部下と仕事をするのは目が離せなくてストレスがたまりそう。

 

好きな部下
仕事ができる=上司から好まれる部下の図式。
そのほか「明るい」「言わなくてもやる責任感」といった仕事への姿勢に対する好感のほか、単純に気が合うなどの声も寄せられた。
・仕事ができる。素直。話が合う。マナーが良い。勤勉。見た目がいい
・素直で人の意見をよく聞き、言われた通りに仕事をこなし、その上で言われたこと以上の事をやれる人間。また、同じミスを繰り返さない
・素直でまじめ。アドバイスしたらとりあえずやってみる
・教えたことをきちんと理解することができて呑み込みが早いので
・本音で話してくれる。あまり顔色をうかがわない
・オンオフの切り替えがしっかりできている人間
・同じ趣味を持っていて仕事以外でも気が合う
・こちらが特に指示をださなくても、して欲しい事をやってくれる
・阿吽の呼吸が働くため

 

嫌いな部下
・効率が悪くておしゃべりやスマホをいじる
・手抜きばかりしている
・理解力が欠如している人。
・こちらが何か言うと『でも』とか否定的。できない理由を並べる
・口ばっかりで業務内容が伴ってない部下は嫌いである
・文句と権利しか言わない
・プライドが高く扱いづらいから
・口数が少ない。たまにタメ語を使う
・無口で何を考えているのか分からない
・嘘をついて突然休むから
・ビジネスマナーがなっていない。

 

当事者意識がない
仕事への姿勢や仕事の質に対する不満はもちろんだが、「口ばっかり」「無口」といった、上司に対する不満や反発を感じさせる言動が目立つ。

 

人が欲しがっているものを先取りする
ビジネスの得意なやつは 人の欲を満たすことが得意な人。
人にはどんな欲があって 、何を望んでいるか 、そのことが見抜ける人。
世の中の人たちが何を求めているかが分かる人は 事業始めてもうまくいく 。

 

テクニック
—————————————————
疲労がたまりやすい働き方
デスクからほとんど動かず、誰ともしゃべらずPC画面を見続けながらコーヒーでも飲む。

p仕事と休憩のメリハリはまったくない。
体は動かさない割に、疲労はたまりやすい働き方だ。
オフィスに閉じこもっては、身体・精神両面において現代型疲労を象徴する表現だ。

 

賢こく手を抜く
一生懸命なのに仕事が出来ない人はつねに全力投球でとりくんでいる。
余計な仕事をしていれば時間を浪費することになる。
手抜きというと悪いイメージがあるかもしれませんが、仕事ができる人はなんらかの手抜きをしている。そうして、貴重な時間を生み出している 。

 

仕事ができる人の性格や特徴
——————————————————-
さっぱりしていて前向きな姿勢
仕事ができる人は性格がさっぱりとしています。
もし部下が失敗したとしても注意はしますが不機嫌にはなりません。
ましてや部下を責めることもしません。
仕事で分からないことはとことん調べて答えを導き出す努力をしますが、
人間関係においては来るもの拒まず去る者追わずの精神であっさりとしています。

 

人からの恩を忘れない
どんな些細なことであっても人から受けた恩を忘れることはありません。
常に人に感謝して今自分の置かれている環境にも感謝しています。
自分一人の力では今の自分はなかったと思っているので
傲慢な態度を取ることはなく謙虚で努力家です。
自分が受けてきた恩をその人に返すことができればいいのですが
いつもそうできるとは限りません。
またそうしなければいけないということもありません。
別の人へ受けた恩を返す形で次々と広がっていくのです。
そうしていくことで人との強い絆が生まれ結果的に仕事にも
良い影響を与えるようになります。
人が集まる人の周りには人間愛が溢れています。

 

報連相がしっかりできる
報告、連絡、相談がしっかりできる人というのは、人とのコミュニケーション能力に長けていると言い換えることもできます。
言葉で話すことが苦手だと感じているならば、報告書を作って文章で伝えることで、情報を共有することができます。
一人で抱え込むことなく、仲間にきちんと伝えることで、仕事がはかどり、利益を生むことにつながるのです。
そんな報連相がしっかりできる人は信頼されます。
自分を信じ、仲間のことも信頼しているので、ともに話し合うことによりいい仕事ができるようになるのです。

 

客観的な視点を忘れない
仕事が出来る人は客観的な視点で物事を見る能力に長けています。
いくら個人に能力があっても、努力の方向性が間違っていたり、客観的な視点で需要がないことをしていては仕事は上手くはいきません。
そしてこのような人は自分以外の人の意見にもしっかり耳を傾けます。
色々な人の意見を集めてから冷静に仕事の方向性を打ち出すのでチームワークが乱れることもありません。
仕事が出来る人に謙虚な人が沢山いるように感じられるのはこのように相手の意見を聞く姿勢があるからでしょう。

 

清潔感
仕事が出来る人に共通のキーワードとして「清潔感」があげられます。
まず仕事が出来る人は、机の上がきれいです。
机を綺麗に保てるということは、タスクを上手く処理できること、仕事の優先順位が分かっているということに密接に関係しています。
そして見た目の清潔感にも気を使っています。
ワイシャツやズボンスカートにはしっかりアイロンがかけられている。
髪も清潔に保たれている。
靴は汚れがなく清潔であるなど、
周りの人を不快にしないような工夫をしています

 

時間のことはきっちりしている
仕事ができる人と言うと、たいがい時間のことはきっちりしていて、自分自身にももちろんですが、自分以外の人に対しても時間に厳しいところがある。
ですので、その人がいると、時間に遅れまいという意識が強くなり、気が引き締まる
そんな人に注意される前に行動できるよう工夫ができると、自分自身への成長にもつながります

 

変化適用能力

 

一緒に仕事したくない人の特徴
—————————————————————-
面倒な仕事は人に任せる
一緒に仕事したくない人の特徴は、簡単な仕事ばかり自分でやり、難しい仕事は他の人に任せる人です。
コピーとりだの書類分けなどはすぐに終わるから自分でやり計算して書類に1つ1つ記入していくという面倒な仕事はやらないのです。
終わらなければ帰宅時間も遅くなるから嫌だとまるで残業もやろうとはしない特徴もあります。
残業を任されても「これ、やっといて」と人に任せ、自分はさっさと家に帰ってしまうところもあります。
なのに、提出するときには一緒についてきて、あたかも自分もやりましたという顔をして上司に報告するという人とは仕事をしたくはないのです。

 

人には厳しく自分には優しい
自分はできるという顔をしているけど口だけという調子のいい人は本当に嫌なものです。
こういった人は上司に告げ口をすることもあり悪い噂を立てては仕事のやる気をなくす特徴もあります。
かえっていない方が仕事になるから最初から関わって欲しくない人でもあります。

 

仕事に追われる人の特徴と改善方法


優先度を決める

やってくる仕事に手当たり次第手をつける人ほど結果的に仕事に追われてしまうことが多くなります。
効率的な時間の使い方をするために、仕事の中にきちんとした優先順位を決める。
真面目に取り組むだけでなく、しっかりと考え、どのように仕事をこなしていくかを計画するくせをつける。

 

ひたすらに仕事をすることは集中を切らしモチベーションの低下にもつながります。
気づいたら一日中仕事をし、見返りを求めなくなっている場合、仕事に追われることに体が慣れてきているのかもしれません。

 

目標を細かく設定する
対策として、小さい目標をいくつも設定し、それを達成する度に何かしらの区切りをつけるようにして一つ終えたらストレッチしたり、お菓子を一口食べたり、誰かとおしゃべりしたりと、自分にはっきりとわかる時間の隙間を作りましょう。
仕事に追われないようにするためには、仕事を終わらせる気持ちよさを体感することが大切になります。
メリハリが大事休むときは完全に休む
人間は体力や集中力に限界がある
上手な休息をとれるかどうかで、その後仕事に追われるかどうかが決まります。
休むときに必ず行うことを最低一つは決めておきましょう。
ヘッドホンをして音楽を聞いたり、大好きな漫画を読んだりするときには、他のことを何も考えないというルールを自分で作る。
要領や効率が悪くて捗らない
優先順位
要領よく、そして効率よく仕事を片付けるためには、取りかかる前に順番を決めてしまった方が良い。
なんでも引き受けてしまう
仕事が山積みなのに、頼まれるとどうしても「NO」と言えないタイプの人は、どんどんと仕事の量が膨らむばかり。
自分で忙しいと分かっていながらも、断れない為に仕事が溜まってしまっては、仕事に追われることになっても自業自得です。
仮に何かを頼まれても断る勇気を持つことが改善方法の一つ。

 

デキる社会人の休日の過ごし方
————————————————
趣味に思いっきり打ちこむ
デキる社会人は自分のうちこめる趣味を一つは持っています。
休日はその趣味をおもいっきり楽しむことで仕事とプライベートのメリハリをつける。
日帰り旅行、楽器の演奏、スポーツ、ドライブ、映画やコンサートや演劇の鑑賞など、とにかく自分が打ち込めるものであればなんでもいい。
無趣味であるがために休日も仕事のことが頭から離れず、ストレスをため過ぎて鬱になる人が増えています。
趣味におもいっきり打ち込むことは仕事のストレスを発散させることにも大いに役に立つのでぜひ試してみましょう。

 

休日にも人を誘って会う
デキる社会人は休日に人を誘って会っている人が多い。
休日に誰とも会わないとそれこそ職場の人間関係が全てになってしまいます。
会社以外の人間関係も大切にすることで自分の中の引き出しが増えるのです。
相手が忙しいかもしれないから誘いにくいという考えは禁物です。
誘いたい相手も同じように考えている場合ずっと二人は会うことができないじゃないですか。
ですからデキる社会人は、会いたい人を積極的に誘います。
一日ずっと一緒に過ごせなくても、ランチを一緒に食べるとか、夕食を一緒に食べに行って近況報告をするだけでも全然違います。

 

自分の趣味に没頭する
デキる人は、オンオフがはっきりしているので、休日に自分の趣味に没頭する時間を持つということが、とても幸せでぜいたくな時間であるという思いも強いでしょう。
自分の時間を大切にするからこそ、その分、仕事や社会における自分の立場をわきまえ頑張れるということになります。
休日までも自分の時間を削っているとやる気も失ってきてしまうということも多いでしょう。

 

休日だからこそぼんやりする時間を持つ
二日間の休日があれば、たくさん寝て過ごす一日の次の日には、長距離で遠出すると言ったような計画がスムーズに実行に移せたりするのです。
ぼんやりすることはリラックスするということで、そういった行動で脳のリセットにもつながるように感じているはずです。

 

日曜日に出勤日に備える
何か将来の自分に役立つスキルの習得をするためにセミナーに通う、または体調管理のためにエステやジムに通う、資格勉強をするためにカフェや図書館で勉強するなど、あくまでも今日は休日という軽い気持ちで自己啓発に励むのもおススメです。

 

派閥
派閥という存在をみとめる
派閥の存在を認めたうえでそれにどのように対峙していくかを意識

 

派閥には大きな長所もあります。
派閥に入ることによって上層部とのコネクションもつくりやすくなりますし部門横断的な人脈も手に入れられる。
上層部や他部署の実情を耳にすることによって会社全体の状況をより深く理解できるはずです。
何か困ったことがあれば、気軽に相談できる人がいろんなポジションにいることは、仕事を進めるうえでも非常に有効です。
派閥の存在そのものが「悪」という捉え方をするべきではありません。

 

一つの仕事に集中してキャリアアップ
一つの仕事を集中してやることでスキルを磨きそのスキルでキャリアアップ。
ただこの方法は長年仕事に打ち込んでスキルを磨ける業種かどうかで違う。
また一つのスキルを磨けば転職をする際にも役に立ちます。

 

多くのスキルを獲得してキャリアアップ
多くのスキルを扱えるようになれば出来る仕事の幅も広がっていきます。
その結果キャリアアップに繋がるというわけです。
スキルを多く獲得するためには転職を行う必要があります。

キャリアアップの目的が明確になれば必要となるスキルも見えてきます。
目的なくスキルを身につけていけば、いくつかのスキルは使う機会もなく、宝の持ち腐れになってしまう可能性もあります。
キャリアアップは経歴に箔をつけることが目的ですが、そのためにはスキルを持っておかないと難しいことが多いのです。
必要なスキルだけを会得する最短の道を設定するには、キャリアアップの目的を定めたほうがいいというわけです。
自分の専門分野でない事にも視野を向ける
自分の得意なことや専門分野にだけ集中的だけだと視野が狭くなってしまいます。
キャリアアップしたいなら自分の専門外のことにも興味を持ちいろいろな視点から物事を考えられるようにもなりましょう。
柔軟な考えを持つことができ、人との接し方もうまくなるでしょう。
キャリアアップするには仕事を黙々とこなすだけでなく、人とのかかわり方がうまくなったり、コミュニケーション能力を養っていくことも必要です。
ですから自分の専門分野でないようなことにも目を向けましょう。

↑top