本質思考

2021/02/07

はじめに

こんなことありませんか?
いろいろ手を出しすぎて結局どれも中途半端に終わる
やりたいことがあるのにいつも忙しいので時間がない

人間は時間、労力、お金は限られている
何でも手を出してエネルギーを分散させるのではなく、自分がこれだと思った重要なことに時間とエネルギーを集中させる。

大事な事を選択し、余分な事を捨て、仕組み化して実行していく
普通の人がすごい人に勝てる方法

準備環境を作る

体調、集中力の管理
飲みすぎない

睡眠でパフォーマンスを上げる
良質な睡眠
昼寝をする

考える時間の確保
タスクが山積みだと思考停止になってしまう

集中して考える環境
孤独こそが思考ができる
朝時間

優秀な人ほどエッセンシャル思考から離れてしまう
成功が知れ渡ると、できると思われ仕事が集まる。
仕事が集まるが時間は同じなので、パフォーマンスと品質が低下、期待はずれになり失敗する。

やる事を減らす

時間は別の時間を使うと何かに使えない
健康、家族、仕事、友人どれかを犠牲にしなくてはならない。
意味のない事をやらなければ自分が成し遂げたい意味のあることに時間を集中して使えるようになる。

明確な目標目的を決める
具体的に目標を作り予定も明確にする。
目標が決まると次のステップが迷わず始められる
めんどくさいが明確な目標ができると迷わない。

捨てる時間を作る
全て大切に思えてしまうが、ほとんど20%しか意味がない(パレートの法則)。
今まで捨てていなかった8割を捨てる

点数をつけ選抜をする
条件、理想のラインを決め、90%と思えることだけ引き受ける。
それ以外は80パーセントも断る

情報をフィルタリングする
インターネットによって膨大な情報を受け取っている
無駄な情報を入れない

自分でどうにかできるとこのに時間をつかう
自分の変えられないことに対して労力を割くのはもったいない。

もったいないを克服する(サンクコストバイアス)
いままでの時間やお金と経験が損してしまうと思い悪い習慣でもやめられない
・コレクション
・課金
・会社

選ぶ

その努力の先には需要があるのか
その先にマーケットがあるのかという視点が大切
損する努力はしない

勉強して世の中を知る
自分のリソース(時間、お金、労力)の効果的な場所をしる

向いていなければ結果は出にくい
何事にも向き不向きがある
向いていないことを頑張るのは成果はでにくいのでコスパが悪い。
向いているもの、好きなこと、成果を出せるもの、努力を努力と思わず継続できるものを頑張った方が得しやすいのでコスパがいいので人生で損すること減らせる

自分が向いているかどうか
・自然にアンテナが向く
・自然と熱中できる
・興味がわいたらとりあえず手を出す
・試す回数をふやす

断る

何でも屋にならない。Noと行ってくるやつと認識させる
いったらなんでもやってくれる都合の良い人だと思われると便利にこきつかわれ
成果はないけど手が回らないクソみたいな仕事で時間がうまる。
構造的に評価があがらず、良い結果がでず評価だけどんどん下がる。
上司から嫌われるが何でも屋に成り下がるよりかはまし。

トレードオフを意識させる
この仕事をしますではその代わり何をやめますか。

断っても罪悪感を感じなくていい
依頼は何かしら売り込んでいる。
ご一緒にポテトもいかがですかのように売ったほうが利益が出る。
どちらにしろ引き受けても短期的な好印象。

断り方
・まず業務内容を詳しく聞く
・まず黙ってネガティブだと勘付かせる
・スケジュール確認しますねで時間をおいてさます
・明確に他の用事がある事を説明する
・今月バタバタしてまして来月どうですか?この冬立て込んで春先どうですか?

仕組み化して実行する

判断はエネルギーを使う
毎日イレギュラーは脳が疲れる
脳が疲れないように習慣化させる

習慣化して努力の削減をする
何回か行動することで脳に刻こまれるので無意識にその行動ができ自動化させる
一流のプレイヤーは淡々と努力をしている

モチベーションを維持する
昨日よりすすんでいる感覚で高まる

他人も巻き込む
自分だけでなくチームを作る

↑top