考えるのが面倒くさい

2019/08/12

めんどくさいと思う原因

深く考えることはすごくエネルギーを使うから

変化がめんどくさい
なんらかの変化が訪れたりする可能性がある場合「面倒くさい」という感情が湧き上がる。

予測が立てられない
誰でも、未知のものや不確定なものに飛び込むことには勇気やプレッシャーが掛かります。そのため、自然とそれを避けようとします。

目的や目標が定まっていない
簡単かつ目的が見えている物事なら取り組めるのに、目標や目的をつかむのがむずかしいことはどんどん後回しにしてしまう。

ちゃんとやらないといけないと感じているから
始める前に「確実にできるよう準備」しないと気がすまない。
完璧主義である結果、完璧に終わらせることができない物事を避けてしまう。

心する事

手放すことで本当にやりたいことが明確になる
部屋を定期的に掃除しないと少しずつ散らかっていくのと同じ
あれもやらなきゃ、これもやらなきゃと思ってしまうと頭が混乱してめんどくさくなり、ストレスになります。
頭の中を定期的に整理しないと無駄なことに時間を使っている場合もたくさんある。
そもそも「めんどくさい事」は本当に必要なことなのか?
他人の価値観に影響されてやっていることはないですか?
嫌いなこと、不得意なこと、やりたくないことこれらを一旦手放してみる。

一旦全てをやめてみる
全てがめんどくさいと思っている人は「たくさんの未知のことを同時に完ぺきに効率よくこなそう」としているから。

優先順位を決める
複数の作業を同時に処理しようとすると、“あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ…”と一気に考え過ぎてしまう。
物事に取り組む順番が決まっていて、自分が次に何に取り組むべきかがわかっていれば、いちいちやる気やモチベーションに頼らなくても行動することができる。

いろいろ考えずとりあえず行動してみる
めんどくさいが口癖の人は先回りして考えるクセがあるのでとりあえず行動”してみる。失敗したときのトラブルをイメージしてしまうことで、面倒くさい気持ちを感じてしまいます。
失敗するかもしれないという気持ちがあってなかなか始められない。

シンプルで分かりやすいを心がける
話をするにしても、文章を書くにしても、誰かに何かをお願いするにしても、常にシンプルに 分かりやすくする。
仕事でもそうですし、商品や作品を作る時もそうです。
小説、音楽、映画などの芸術作品の方もシンプルで分かりやすい商品の方が、複雑なものよりヒットしやすいし、シンプルで分かりやすい。
考えるのが面倒なので、何か選択肢があった場合、シンプルなものを選び、複雑なものを避ける傾向にある

睡眠不足、疲労、体調不良
めんどくさいを発動しやすい。

ほかのことに手を付けてしまう
目の前にやらなくてはいけないことがあるのに違うことでやる気を出してから取り組もうとするのは失敗してしまう可能性が高い。
それよりも、無理なく続けられるようにメニューを組み直したり、時間を確保したりといった具体的なやり方を考える

すべてを自分が引き受けない
あなた個人のキャパシティを超える頼み事や依頼を請け負ってばかりいると、面倒くさいという感情が生まれる。
断って嫌な顔をされることを怖がらず、時間的に、体力的に、精神的にできそうにないことはきっぱりと断る癖を付ける。
自分を第一に考えることが大切です。
できないことを引き受けても、結局中途半端に投げ出すことになることが多い。

報酬を準備する
面倒くさいことをやるためには、面倒なことを達成した結果何を得ることができるかを考え、場合によっては自分でその報酬を準備する。

「~やらなきゃ」を「~したい」に置き換え、その理由を挙げる。
すると「~したい」が勝り、めんどくさいが消える「やる必要がある」or「やりたい」というフィルターをかけ本当に必要がどうかが見えてくる

↑top