行動力

2016/04/10

実行力

行動に移せる人が成功している
人間のレベルは基本大差ありません。違うのはやるかやらないか。
誰でも想像がつくことでも行動に移せる人は少ない
大切なのは実際にやったか、やらなかったか
行動に移す事実が大切

あなたの人生を作るのはあなたしかいない
まわりも援助してくれるが最終的に人生を作るのはあなた自身だけ
自分の人生は自分で切り開いったほうが面白い

人生は時間制限付きのリアル人生ゲーム
多くの人は町から出ようとする人がいない
ドラクエがったらダーマの神殿まで行っていない

行動するには知識と度胸が必要
頭がいい人よりも度胸のある人の方が成功への道を先へ進んでいく。
成功するためには、間違いを犯すことに対する恐怖、恥ずかしい思いをすることに対する恐怖を克服する。そのために知識を増やして度胸をつける

桃太郎のももを拾う

成功者はアイデアではない実行力
後回しにしない力
みんなアイデアはある
自分もやろうと思った時すぐやる
物事を考えれるように癖をつけるだけでなく
考えついた解決策を実際に行動する癖も必要

チャンス

チャンスは永遠にない
年齢が上になるにつれチャンスはなくなる。
今すべきことを先送りしていくうちに結局何もできなかったことはよくある。
失敗よりもやりたいことができなくなるほうが遥かに恐ろしい。
その日やれることはその日のうちに片づける。

遊ぶもいつでもできない
若い頃にしか食べれなかったり、老後に遊ぼうとしても体力がないのでアクティブになることができない。
その時その時代にしかできないことがある。
いつ死ぬか分からないなら遊びたい今にお金を使う。

行動することで得られるもの

行動することであたらしい局面に踏み出せる
たとえ失敗であっても結果がでるので、あたらしい局面に踏み出すことができる。

行動できないのは

収入、不安、世間体、人を縛っている鎖はみんな同じ
人を縛ってる鎖はみんな同じ

不安恐怖について
予想ができないものは怖い
できる状態にする

人生には成功する経験と学ぶ経験しかない
失敗を結果だと思うのではなく失敗をプロセスだと考える。
結果がどうであれすべての体験は勉強のためと考える。
可能性を感じるところにどんどん応募する。
やらずに後悔していることを今日から始める。

損する余裕をもつ
チャレンジできない理由は1つの小さな失敗も犯す余裕がないから。
金持ちは、いくつも空井戸を掘り、最後にあけた井戸が世界最大の油田だったから。成功した人はたいてい誰より多くの間違いを犯し、多く失敗している
損する余裕を持ち負けることを勝利の一部として考える。

目標の明確化

無駄がなくなる
目標が明確になれば、なにから始めればいいのか分かり、ためらいもなく行動を起こすことができる。よって、労力、時間、お金の無駄な行動がなくなる。

チャンスに気づけるようになる
チャンスは誰にでもありますがそれを見つけれるかどうかで決まる。
目標を明確にすると、そのことを意識するようになりチャンスに気付けるようになる。

モチベーション

行動したときのメリットを考える
やる気が出ない時には目的を明確にする。
「誰のために」「何のために」をはっきり意識すればやる気が出るようになる。

成果を計測する
数値管理によって、着実に進歩していれば自分の成長を確認することが楽しくなって、モチベーションを高められる。 またゴールまでの距離がわかることで、継続へのモチベーションが高まる。

劣等感、嫉妬心、競争心を起爆剤として悔しさをばねにする
劣等感は、学力、職歴、能力、容姿、家柄など、あらゆる場面で生じる。
競争心の強い人は、ほかの人に負けたくないので自分の能力を伸ばそうと努力する。出来ないこと、自信がないことがあるから、大きくなれる。

終了したTodoを残す
To-Doリストから終わったタスクを削除せず完了リストへ移してみると、自分がどのくらいの作業を終わらせたのかがわかり、それを見るとモチベーションが上がる

小さなゴールでモチベーションを上げる
大きすぎる目標は達成がむずかしく、
自分の無力さを感じてかえってストレスになる。
おおきなゴールを目指す途中に小さなゴールをたくさん用意し、乗り越えるたびに達成感が得られるようにする。

一度に一つの目標に絞る
複数の目標を持つことが思わぬ落とし穴になる。
例えば、プログラミングを習得しながら、同時にギターも弾けるようなこと。
2つのスキルを同時に習得しようとすると結局どれも完了できなくなります。
その時その時で一つの目標に集中して取り組む。

ごほうび・ペナルティでモチベーションを上げる
ご褒美を用意すると、それを目標にして自発的にがんばれるようになります。
逆に行動をしなかった場合のペナルティもきめておく。
したくないことをペナルティにするとそれをさけるために行動を続けるようになる。

やりたいこと、目標を口に出して誰かに宣言する
そしたら後に行けるようになって自然と頑張ばれる

弱いままでいいから戦場に出る
悪い意味で学習癖がある
基礎の学習をダラダラ続けていても点は天のまま
記憶が新しいうちに手を動かす作業に入ってしまってどんどん壁にぶつかって色々調べてそれらを一つずつ解決して何度も繰り返すことが一番近道
基礎の学習時間が長すぎている人はまさにそういう状態に、なってしまっている
とにかく弱いままでいいから戦場にさっさと自分自身を放り込むという勇気を出してみる

環境を作る
決めたことを続けるための環境を作る

決断する力

迷っている時間は何も生まれない
責任感の強い人や完璧主義の人が優柔不断になりやすい。
5分10分ならまだしも1週間とか1か月とか長期間迷い続けてしまうことはもったいない。人生は短い。経験を積まないのはそれだけで人生のリスク。

決断しないと積み重さなっていく
物事を先送りは決断ではないから
とっておくべきものなのか捨てるべきなものなのかその場で決める。

どちらも大差ないから迷っている
迷っているということはなにかりしら理由があり、言い換えればどちらも大差ないということ。
どちらを選んでも同じようなリスクを負うのなら選択にあまり価値を置かない。

結果論なので時間をかけても正しいとは限らない
失敗するかどうかなんてやってみた先の人間だけが知っていること。

死ぬわけではないのでやり直しはいくらでもきく
別に死ぬわけでもない。挽回のチャンスはいくらでもある。
失敗しようが成功しようが、迷うくらいであればさっさとトライして失敗してみればいい。

行動にうつす事で成長も経験も手に入れられる
さっさと決めて進んだ先に時間をかける。
失敗しても、何度も失敗を重ねているうちに成功する確立だってあがってくる。
ダメだったら違う道を試してみればいい。

速く決めて浮いた時間で対処法を考える
迷う時間は少なければ少ないほど早くスタートが切れる
早めに選んで生まれた時間で、ほかを探したり、口直しを選んだりと、保険を考えておく。
さっと決めてしまうことで、時間を短縮させることができ、次へのステップが踏みやすくなります。

対策

決断力を高めるには
・あらかじめ決断を予測する
・なんでもいいから5秒以内に決断する習慣にする

制限を設ける
時間をかけて悩むことがクセになっている。
このようなトレーニングを日々続けることで決断力が鍛えられます

情報収集をする
正しい判断をするためには出来る限りたくさんの情報を手に入れる

シュミレーションする
選んだ結果どうなるかをシミュレーションしどちらが正しいか細かく考える。

優先順位の前に消去法を使う
消去法でちょっとずつ絞り込む。
残ったものがいくつかあったら後はサイコロでも振ってきめればいい

優先順位を明確にする
迷いというのは思考がまとまっていないから
ロジカルに優先順位を決めて考えてみれば、何が一番自分にとって有益なのかはどれが最もベストな判断になるのか分かってくる。

決断に感情は不要
極力悩まないようにして、思いついたこと、やりたいことをその日のうちといったようにできるできるだけ早く実施・決断する

直感力

直感力とは
感覚的にパッと思いついたり機転が利かすことができる力のこと。
とにかく他人や常識よりも自分のことを信じていることが多い。
一般的とか当たり前という枠がなく、自分が感じたままに素直に行動することができる力があります。
その行動から、天才だと感じる人、発想力豊かだと感じる人が居たりと、様々な見方をされる。

変化を求めるのが好きな人
直感力のある人は、変化することが好きなので自然に右脳が鍛えられている。
変化を求めて何か新しいことにチャレンジするとか、新しい友達を作るためにサークルに入るとか、経験したことのないようなスポーツを自ら積極的に始めたりします。

自信があってポジティブ思考な好きな人
自信のなさ、ネガティブな思考からはひらめきは生まれません。
その成功体験がさらなる自信につながり、いっそう直感力を高めると考えていいでしょう。

観察眼が鋭い人
心情を言い当てられた人は、なんだか自分の心の中を見通されているように感じるでしょう。勘の鋭さは、この場合、観察眼の鋭さから生まれているのです。
優れた観察力によって、人の気づかないところに気づくことができること、これも直感力のある人の特徴です。

直感力を鍛えるには
何事にもチャレンジしたり、失敗を恐れずに突き進む人は、それなりに経験を積んでいるもの。こうした人一倍経験がある人は、直感力も備わるようになり、「あの時と同じパターンだ」「こういう時はこうすべきだった」と、直感力が働くようになる。
様々な経験をしたからこそ、体や頭で記憶していることも多く、似たようなシチュエーションになると、その記憶がよみがえってきます。
成功を基にした経験だけではなく、苦労してきた過去があったり、人よりも努力した過去があります。
そしてまたその時の考えや行動がその人の直感力を鍛えることとなり、いつまでも成長し続けることになる。

意識的に新しいことにたくさん挑戦する
直感というのは、働かせる際に自身の引き出しにあるものをいかにして必要な時に出して活用することができるのかというのがポイント。
その前に引き出しをたくさん作っておく必要があります。
そして、中身をいっぱいにするためにも、意識をしてたくさんの経験を積み重ねていくことが大切です。

インプットしたものをいつでもアウトプットできるように準備できている人こそ、優れた直感力を身につけることができます。
興味のあることにはできるだけチャレンジをしてみること、たくさんの人と接することも大切ですが、同年代や気の合う人だけではなく、いろいろな考えを持っているさまざまな世代と接触するのが効果的です。
行ったことがない場所に足を運んだり、食べたことがないものに出会うのも楽しく、そしていい経験を得られます。
挑戦してよかったと思えることをたくさん行うことがポイントです。

お金で買える幸せはすぐ買う
人生は生きてるうちに楽しまなくては意味がない。
死んでから貯めたお金を棺桶に入れてもらっても意味がない。

エッセンシャル思考

好奇心旺盛で全てが中途半端
頑張っていろんな分野を勉強しているのにどれも身についてない、何もかも中途半端な結果自信をもって得意だと言えないこんな悩みをもっていませんか?

中途半端であることの価値は書けない
興味のあることが多いのは悪いことではない
お金が欲しい、痩せたい、能力を高めたい、尊敬されたい。やりたいことはぜんぶやっていい。

好きなこと・興味のあること選択肢が多すぎる
昔は選択肢が少なくてシンプルでしたが、
今の時代は正社員、副業、独立など働き方が多様化。
また働く組織、場所、在宅、週3など働き方も多様化。
生き方の選択肢が増えた事は素晴らしいことである反面良い選択が難しくなる。

目標が高すぎる
全部一気にやろうとしている。

真面目すぎる
真面目な人ほど何でもやろうとしてしまいます
向上心があるのはいいことですが,何もかもやろうとすると全部中途半端になります

エッセンシャル思考とは
自分のやるべきことをやるべきことだけに力を入れようという考え方

目標を具体的に決める
目標が具体的であればあるほど、やるべきことがわかってきます。
やることが決まっているから、確信をもって進むことができ自然とやる気も出てきます。

何かを諦め、1番やりたいことに専念する
自分の求める結果を手に入れるためには、それ相応の時間と努力が必要です。
欲張らず本当にやりたいことだけを選ぶ
そしてそれだけにすべてのエネルギーを注ぐ
ひとつのことに集中させる能力が伸びる

続ける技術

良い行動は習慣化することで複利効果がでる
習慣として継続することは貯金の複利効果のようにレバレッジがかかる

続かない理由は成果がすぐに得られないから
走るたびに体重が1K減ったら毎日走るのです。
継続すると将来良い結果がでるのにできないのは、目標達成までにすごい時間労力、お金がかかり、すぐに成果が得られないから。

チェックリストをつくる
習慣を常に意識し定着させるときに便利。
また思い出す時間の節約にもなる。

行動の補助をつくって行動しやすくする
ジョギングを続けたい人は、ウェアをすぐ着られる状態にしておく。
ターゲット行動が起きる環境条件を意図的に揃える。
逆に、禁煙のときに、タバコや灰皿を捨てる。
これによってタバコを吸うための補助がなくなり禁煙がなくなります。

考えるのがめんどくさいと思う原因

深く考えることはすごくエネルギーと時間を使うから

予測が立てられないから
誰でも、未知のものや不確定なものに飛び込むことには勇気やプレッシャーが掛かります。そのため、自然とそれを避けようとします。

目的や目標が定まっていないから
目標や目的をつかむのがむずかしいことはどんどん後回しにしてしまう。

ちゃんとやらないといけないと感じているから
始める前に「確実にできるよう準備」しないと気がすまない。
完璧主義である結果、完璧に終わらせることができない物事を避けてしまう。

心する事

費用対効果がいいコスパの良い努力だけする
頭が良い生き方をすれば人生でたくさん得をする事ができる
そのためには最重要な1%を見極める。
人間ぼーとする時間がある事で自己観察する時間ができる
人はちょっとだけなら変わる事ができる
それを成功者の行動に変える

手放すことで本当にやりたいことが明確になる
あれもやらなきゃ、これもやらなきゃと思ってしまうと頭が混乱してめんどくさくなりストレスになります。
そもそも「めんどくさい事」は本当に必要なことなのか?
頭の中を定期的に整理しないと無駄なことに時間を使っている場合もたくさんある。嫌いなこと、不得意なこと、やりたくないことを一旦手放してみる。

一旦全てをやめてみる
全てがめんどくさいと思っている人は「たくさんの未知のことを同時に完ぺきに効率よくこなそう」としているから。

優先順位を決める
複数の作業を同時に処理しようとすると、“あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ…”と一気に考え過ぎてしまう。
物事に取り組む順番が決まっていて、自分が次に何に取り組むべきかがわかっていればやる気やモチベーションに頼らなくても行動することができる。

いろいろ考えずとりあえず行動してみる
失敗したときのトラブルをイメージしてしまうことで、面倒くさい気持ちを感じてしまいなかなか始められない。
めんどくさいが口癖の人は先回りして考えるクセがあるのでとりあえず行動”してみる。

シンプルで分かりやすいを心がける
小説、音楽、映画などの芸術作品の方もシンプルで分かりやすい商品の方が、複雑なものよりヒットしやすいし、シンプルで分かりやすい。
仕事でもそうですし、商品や作品を作る時もそうです。
話をするにしても、文章を書くにしても、誰かに何かをお願いするにしても、常にシンプルに 分かりやすくする。

睡眠不足、疲労、体調不良
めんどくさいを発動しやすい

ほかのことに手を付けてしまう
目の前にやらなくてはいけないことがあるのに違うことでやる気を出してから取り組もうとする。

すべて自分が引き受けない
あなた個人のキャパシティを超える頼み事や依頼を請け負ってばかりいると、面倒くさいという感情が生まれる。
できないことを引き受けても、結局中途半端に投げ出すことになることが多い。
断って嫌な顔をされることを怖がらず、時間的に、体力的に、精神的にできそうにないことはきっぱりと断る癖を付ける。

やらなきゃを~したいに置き換え、その理由を挙げる。
「やる必要がある」or「やりたい」というフィルターをかけ本当に必要がどうかが見えてくる。
すると「~したい」が勝り、めんどくさいが消える。

報酬を準備する
面倒くさいことをやるためには、面倒なことを達成した結果何を得ることができるかを考え、場合によっては自分でその報酬を準備する。

先延ばし原因

本来やるべき行動を先延ばしにする人
判断や行動が将来において自分にどのような影響を及ぼすかを理解する能力が弱い。

何か他のことを行うことで悪い感情を取り去ろうとする
何か気分の良くなることを行ったり、生産的な活動を行って感情の埋め合わせを行う。

時間の浪費を招く
やるべきことを後回しにした分の時間だけ、重要度の低い(あるいは無意味な)ことに時間を費やしてしまうため、時間が無駄になってしまう。

行動を始めるフロー
見える化して現状を把握する
細かいタスクも洗い出す
評価して優先度をつける

人生効率化

仕事のプレッシャーに押しつぶされそう
今やることだけに集中する
やることが山積み大量のTo Doに埋もれていく
やらなければならないことを一まとめにせず小分けにする
今日やることを決めるあれもこれもとなると人は混乱して当たり前

小分けにして考える
最優先事項を決めていく
今日やることだけを考える
だから1番大事なことを意識して決めておく習慣をつける
今日やることだけを考える最優先事項を決めておく
あれもこれもとなると人は混乱して当たり前だから1番大切なことを意識して決めておく習慣をつける

何をするのにも自信がない
失敗の経験を増やす
いっぱい失敗は悪いことと思っている
怖いのでトライしない、成功体験が少ないドライの回数を増やす
褒められる感謝される回数が増える
経験値を増やすためにトライ&エラーあるのみ
「ほめられる」「感謝される」回数が増える

承認欲求を満たしてあげる
「人から褒められたい」という欲求を満たしてあげることも、従業員のモチベーションを高める大切な手法です。
意欲の低い従業員には、まず「褒める」ことを心がけましょう。
「行動をひとつ改善できたら褒める」「失敗したときも”挑戦したこと”を褒める」など、本人の承認欲求を満たしてあげることが大切です。
「自分が大切にされている」と誰もが感じられるような風土を作ることで、前向きに仕事に取り組める職場環境が生まれます。

仕事の社会的な意義を感じさせる
「この仕事は誰の役に立っているのだろう?」と疑問に感じてしまうと、仕事へのモチベーションは上がりません。
やる気のない社員は、仕事を単なる「作業」と捉え、苦痛に感じている人もいます。
そのため、会社が従業員に対して、事業・仕事の社会的な意義を伝えることが大切です。
「この仕事は確かに誰かのためになっている」という実感を本人が得られれば、前向きに仕事に向き合えるようになるでしょう。
他人と比較しなければ嫉妬の気持ちが消える
自分と他人の人生は全く別のもの土俵が違うものを比べることに何の意味も無いのです

比べるなら過去の自分と今の自分を比べましょう
過去の自分より少しでも成長した自分を目指していく
すると次第に自分の宿で物事を考える癖がつき嫉妬の気持ちが抜けていくでしょう

捨てるべきものちゃんと見極めて最短経路の道を辿る
RPGに例えるとすべての村を訪れようとしたりすべての登場人物と話したり洞窟ですべての宝箱をあけるまで次に進まないみたいな状態の事。
最速でゲームをクリアすることが目的ならば不要な村、ダンジョンはスキップし、必要なイベントでゴールを目指す必要がある。
学習で失敗しやすい人と言うのは行き当たりばったりにいろいろな村を訪れてみたり同じ順でダンジョンを何回も探検するみたいなこと言ってしまっているので目的になかなか近づけずにチャンスやモチベーションが薄れて離脱してしまう

人に文句を言われてしまいがち堂々とした態度を常に心がける
自身はなくても態度だけは堂々とたとえ自信がなくても態度だけは堂々と
多少自信はなくとも弟とした態度でいれば同じことをしていても周りの評価は上がるはずまた大きな声ではっきり話す事から始め状況を変えていく
自信がなくてもとりあえず背筋を伸ばす

↑top