行動を起こす力

2016/04/10

行動する力
————————————————-
行動に移せる人が成功している
誰でも想像がつくことでも行動に移せる人はいない
大切なのは実際にやったか、やらなかったか
行動に移す事実が大切

あなたの人生を作るのはあなた自身しかいない
多くの人が貴方を援助してくれやるが最終的に人生を作るのはあなた自身だけ

人生は時間制限付きのリアル人生ゲーム
多くの人は町から出ようとする人がいない
ドラクエがったらダーマの神殿まで行っていない
せっかくなら自分の人生は自分で切り開いったほうが面白い

行動するには知識と度胸が必要
人間のレベルは基本的大差ありません。
違うのはやるかやらないか。
頭がいい人よりも度胸のある人の方が成功への道を先へ進んでいく。
成功するためには、間違いを犯すことに対する恐怖、恥ずかしい思いをすることに対する恐怖を克服する。
そのために知識を増やすして度胸をつける

チャンスは永遠にない
今すべきことを先送りしていくうちに結局何もできなかったことはよくある。
年齢が上になるにつれチャンスはなくなる。
失敗よりもやりたいことができなくなるほうが遥かに恐ろしい。
その日やれることはその日のうちに片づける。

遊ぶのはいつでもできない
若い頃にしか食べれない物、老後に遊ぼうとしても体力がないのでアクティブになることができない。
その時その時代にしかできないことがいくらでもある
いつ死ぬか分からない
遊びたい今にお金を使う

桃太郎のももを拾う
99パーセントは運1パーセントは運

行動することで得られるもの
————————————————-
行動することであたらしい局面に踏み出せる
たとえ失敗であっても結果がでるので、あたらしい局面に踏み出すことができる。

今までずっと避けてきたことをやってみる
避けていたと言う事は嫌だったり苦手だったりすること
だけど頭のどっかではやったほうがいいと思っている
そういうものに挑戦できるようになったら自分の教養の幅も広がる

行動できないのは
————————————————-
やらない理由は収入、世間体、不安
人を縛ってる鎖なんてみんな同じ

不安恐怖について
予想ができないものは怖い
予想できないからできる状態にする

人生には成功する経験と学ぶ経験しかない
失敗を結果だと思うのではなく、失敗をプロセスだと考える。
結果がどうであれ、”すべての体験は勉強のため”と考える。

損する余裕をもつ
チャレンジできない理由は一つの小さな失敗も犯す余裕がないから
金持ちは、いくつも空井戸を掘り、最後にあけた井戸が世界最大の油田だったから。
成功した人はたいてい誰より多くの間違いを犯し、多く失敗している
損する余裕を持ち負けることを勝利の一部として考える

収入、世間体、不安、人を縛っている鎖なんかみんな同じ
可能性を感じるところにどんどん応募する
やらずに後悔していることを今日から始める

目標の明確化
————————————————-
目標を明確化することで無駄がなくなる
目標が明確にまればなにから始めればいいのか分かり、ためらいもなく行動を起こすことができる。
よって、無駄な行動がなくなり、労力、時間、お金の無駄がなくなる。

目標を明確化することでチャンスにきづけるようになる
チャンスは誰にでもありますが、成功するかどうかはそれを見つけれるかどうかで決まる。
目標を明確にすると、そのことを意識するようになりチャンスに気付けるようになる。

モチベーション
————————————————-
行動したときのメリットを考える
やる気が出ない時には、まず目的を明確にする。
「誰のために」「何のために」をはっきりと意識すればやる気が出るようになります。

成果を計測する
数値管理によって、着実に進歩していれば自分の成長を確認することが楽しくなって、モチベーションを高められる。 またゴールまでの距離がわかることで、継続へのモチベーションが高まる。

劣等感、嫉妬心、競争心を起爆剤として利用する
劣等感は、学力、職歴、能力、容姿、家柄など、あらゆる場面で生じる。
競争心の強い人はほかの人に負けたくないので自分の能力を伸ばそうと努力する。
出来ないこと、自信がないことがあるから、大きくなれる。

終了したTodoを残す
To-Doリストから終わったタスクを削除するのではなく、それらの終了タスクをDoneリストへ移してみると、自分がどのくらいの作業を終わらせたのかが一目でわかり、それを見ると心の底にむくむくと新しいモチベーションが湧き上がる

小さなゴールでモチベーションを上げる
大きすぎる目標は、達成できない自分の無力さを感じてかえってストレスになります。
おおきなゴールを目指す途中に小さなゴールをたくさん用意し、乗り越えるたびに達成感が得られるようにする。

一度に一つの目標に絞る
複数の目標を持つことが思わぬ落とし穴になる。
例えば、プログラミングを習得しながら、同時にギターも弾けるようになろうとすることです。
2つのスキルを同時に習得しようとすると結局どれも完了できなくなります。その時その時で一つの目標に集中して取り組む。

ごほうび・ペナルティでモチベーションを上げる
ご褒美を用意すると、それを目標にして自発的にがんばれるようになります。
逆に行動をしなかった場合のペナルティもきめておく。
したくないことを強制する。あるいは好きなことを禁止する。
したくないことをペナルティにするとそれをさけるために行動を続けるようになる。
悔しさをばねにする

行動を起こすために
————————————————-
やりたいこと、目標を口に出して誰かに宣言する
そしたら後に行けるようになって自然と頑張ばれる

環境を作る
意識を変えようとしたら具体的な何かを変えなければいけない
決めたことを続けるための環境を作る

続ける技術
————————————————-
良い行動は習慣化することで複利効果がでる
習慣として継続することは貯金の複利効果のようにレバレッジがかかる

続かない理由は成果がすぐに得られないから
継続すると将来良い結果がでるのにできないのは、目標達成までにすごい時間、労力、お金がかかり、すぐに成果が得られないから。
走るたびに体重が1K減ったら毎日走るのです。

チェックリストをつくる
習慣を常に意識し定着させるときに便利。
また思い出す時間の節約にもなる。
行動の補助をつくって行動しやすくする
ジョギングを続けたい人は、ウェアをすぐ着られる状態にしておく。
ターゲット行動が起きる環境条件を意図的に揃える。
逆に、禁煙のときに、タバコや灰皿を捨てる。
これによってタバコを吸うための補助がなくなり禁煙がなくなります。

↑top