運をつかむには

2018/09/03

はじめに

運を掴むためには
桃太郎のお婆さんが大きな桃を拾うことは明らかに異常行為。
さらにひろって割っている。あれがチャンスの本質。
上流の人はみんなスルー
桃に遭遇してそれがチャンスを拾うか拾わないかが運を掴むかどうか
そして今来ているチャンスにどう入るか

チャンスの遭遇比率が高い環境を作る
目標があったら、たくさんのチャンスが行きかう交通量の多い十字路に身を置く。積極的に行動することで遭遇の偶然性を高め、幸運と不運の起きる比率を変えることができる。

運を持続させる
1つのチャンスをそれだけで終わりにせず、それを元手につぎつぎと新しいチャンスを作り出す。
つまりそれぞれのチャンスを次に進むためのステップと見る。
何らかのチャンスがおとずれた時には、どうすればこれを次のチャンスにつなげられるか考える。

日々の意識する事

チャンスの扉を開きっぱなしにしておく
チャンスはゴロゴロ転がっているチャンスを引き寄せる適所でチャンスの扉を開けっ放しにしておけば
チャンスはほとんど入って来る退職した上司、先輩、友人、知人の紹介紹介

準備しチャンスのタイミングを待つ
チャンスをつかむには運とタイミングが揃った時に準備ができてないと乗れない。
時間はみんなに平等。小さな益に飛びついて、それに忙しくしているうちは、大きな益を探す時間が、どんどん少なくなってしまう。 そうこうしているうちに、大物だけを狙っていた人に先を越されてしまう。
最高のもの以外は何でも受け取らないようにしていると、最高のものが手に入ったりする。

やりたいことを周りに話す
やりたいことを周りに話すことで縁を引き寄せることがあります。
自分の欲求を口に出すと他の欲求とぶつかるいい人ではいられなくなります。
そういうときに自分の望みをうまく相手に引退られるようになるのが大事。
そうやって欲求をぶつけあいながらそれでもお互いが喜べる道を見つけていく

幸運な人とつきあう
その人のもっている幸運を自分も受けることができる。
マイナスの言葉ばかりを言っている人のところには幸運な人はやってきません。
まず人を好きになる。

惜しまず与え
自分を提供し、時間を提供し、才能を提供しましょう。
そして見返りを求めることをやめましょう。
その結果あなたの周りには優しくて幸せな人たちが集まって来るようになります。彼らは他の人たちに助けの手を差し伸べることができる人たちの集まりができあがる。

悪口、陰口は言うべからず
聞いている人にとっては感情の矛先は悪口を言っている人に向いている場合がほとんど。悪口を頻繁に言っている人の周りにいることも確実にマイナス要素。
もしネガティブな会話が繰り広げられている場面に遭遇した場合はその会話に加わらないこと。どうしても引き込まれてしまったら、良いところを1つでも挙げる。長い時間をかけてあなたが人の陰口を叩く人間ではないことに気が付きます。

運が良いと口に出して言う
まず嘘でもいいから運がいいと口に出して言う

↑top